新卒者が退職したら迷惑かけると勝手に思い込んでいませんか?

退職 気まずい 新卒

新卒者が数ヶ月で退職すると会社に迷惑をかけるのではないか?

こんな悩みを抱えている新卒者は非常に多い。

 

新卒者は3年で30%は会社を退職する

新卒者の50%は会社選びに失敗した

と考えているのだから

今の仕事を辞めたいと考えている新卒者がいるのが当たり前

 

アグレッシブな新卒者なら

考えるまでもなく退職届を出して辞めていくのだが

多くの新卒者が退職することで会社に迷惑かけると思い込んいたりする。

 

泣きながら出社

泣きながら帰宅

会社の仕事が合わね

数字に追われる毎日

先輩の暴言

 

上司に悩みを相談しても

上司自身がブラックに染まりすぎていて

あなたが入ってる苦情の内容自体が理解してもらえない

 

どうしたら迷惑をかけることなく会社を辞めることができるのか?

そんなことばかり考えて思い込んで行き詰まってる状態です

 

あまり悩む必要ではないことなのだが

要領よく生きていけない新人は

自分の気持ちと会社の迷惑の狭間に入り込む

さらには上司や先輩の顔色をうかがい

自分の気持ちをどう整理していいのかわからなくなる

 

この記事では

あなたの気持ちをどのように整理していくか?

そして

あなたに対する会社側の考え方

を記事にしました。

 

忘れないで欲しいのは

会社勤めが初めての人は

会社側の考えを勝手に憶測したりして

自分自身を八方ふさがりの状態に追い込んでしまっている場合が多いということです。

 

会社を辞める方法などいくらでもあるということだけは覚えておいてください。

 

新人が会社を辞めると迷惑と悩むのは初めてのことだから

「会社にたいして退職することが心苦しい」と悩まないこと。

会社を辞めるだけのことだから難しく考えないこと。

 

退職届を出してから2週間は会社にいなくっちゃいけない。

会社の残務処理もしなければならない。

引き継ぎ事項もしっかりと処置しなくちゃいけない。

上手に嫌な顔されるのが怖い。

退職のことがみんなに知れ渡ったらどんな目で見られるか怖い。

もうただ会社を辞めたいだけなのになぜこんなことを考えなければならないのか

 

会社を辞めるということは

基本的に退職届を出して会社から去る。

それ以降、会社から給料もらえない。

基本的にはそれだけの話です。

 

オリンピックに挑戦するわけでもなく

エベレストの登頂を目指してるわけでもありません。

 

退職しようとするのが

あなたにとって初めての経験であり

要領がよく分からなくて全てをネガティブに見ているだけの話です。

 

決してお勧めはしないで極端な話ではあるが

退職届を郵送して出社拒否しても時期が来れば会社を辞めることができる。

「 会社を辞めます」と言って職務放棄して回れ右して事務所を出て行く。

それだけです。

 

退職までの二週間会社にいなければならないとしても

一過性のものであり

一時的に上司や先輩は感情的になったりしますが

入社して数週間や数ヶ月ではほとんど当てにされていません。

 

会社が大嫌いで

退職までの間引き継ぎ事項や挨拶などの一過性のものですら嫌だと感じる。

有給休暇がしっかり取りたい

残業代をしっかりもらいたい

もう二度と会社の連中に顔合わせたくない

そう思うのならば

退職代行サービスを利用するという手もあります。

 

面白いぐらいにあっさりと止めることができます。

退職する会社のことを考えるのですらバカらしいです。

東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】

新卒のあなたが退職しても会社は迷惑とも痛手とも感じない理由

新卒のあなたは

せっかく会社に入社させてもらって面倒を見てもらっているのにわずかな期間で退職して申し訳ない

部署の状況を見ていると私が抜けることがあって周囲に迷惑をかけるんではないか

なんて心配をしてるかもしれませんが

会社側や上司はそんなことは考えておりません。

 

今まで教えてくれた先輩に申し訳ない

いい会社なので人間関係ができていたのでやめていくことに抵抗がある

あなたがそう考えるなら

退職することを本当にもう一度よく考えた方がいい

 

世の中には入社して数週間で期待など持てなくなる会社がたくさんある。

入社させるだけさせて後は奴隷のように扱う会社が沢山ある。

そんな会社に対して忠誠心や恩義など1ミリも感じないだろう。

多くの人を見てきたが

そうなると

退職する時に会社に対してまともな挨拶ですらしようとは思わなくなる。

 

新卒者が会社を辞めることに対して申し訳なく感じる必要はほとんどありません。

あなたが数年かけて独り立ちして止められるほうがよっぽど迷惑です

任せられる仕事が少なければ少ないほど会社としては損害はありません。

 

新卒者が

「会社に迷惑になるからやめられない」

という言い訳をして行動できない人がいますが

あなた自身も新入社員が会社のためになることは

ほとんどないということはわかっているでしょう。

 

上司や先輩の前ではしおらしい態度は必要ですが

何か会社側から言われるのが嫌なだけでしょう。

正直になりましょう

 

新卒者が辞める時の会社側の損害

新入社員の教育費用はすべて会社が負担することになります。

新入社員辞められると育てた期間の教育費が労働時間が無駄になりますが

それは会社側の事情であり

新入社員の教育費用のために

あなたが一生を嫌な会社で捧げる必要性はありません。

 

退職したいことを上司につけると

「思い出させて行ったのが全部無駄だった」

などと言う上司や先輩がいますが

 

心の中では

「こんな会社に俺の人生の貴重な時間を捧げたことが無駄だった」

と逆に考えるぐらいがちょうどいいです。

本当の意味で会社に迷惑をかけるということはどういうことか

会社に迷惑がかかるということは

会社の信用を失わせたり利益を失うしたりすることです。

 

寂しい話ですが

社員一人がいなくなることを会社側迷惑だとはあまり感じていません。

 

あなたが一人前になって会社に大きく貢献するようになった時に退職されるのが一番迷惑です。

 

人事は退職手続きを面倒くさいと感じるかもしれませんが

よくあることなので

結局淡々と流れていくので気にする必要はありません。

新入社員が会社を退職していくことはよくあること

新卒者は3年で30%以上が会社が辞めていきます。

離職率が高い会社やブラック企業は

そのことを見越した上で多めに人を採用したりします。

 

退職する時に小言や文句言われることはあるかもしれませんが

会社側としては想定内のことであり

続かない社員は早めに辞めてもらった方が良いのです。

仕事を数日で辞める社員のことなど会社はすぐに忘れます

あなたが退職することで会社にかける迷惑は一瞬の迷惑でしかありません。

退職前に色々と言われる場合があります。

どんなに言われようと

あなたがどんなに申し訳ないと思うと

退職後に一週間過ぎれば忘れ去られます。

【ストレスで会社を退職】退職者を出さないという会社側の責任

あなたは仕事についてどうにかしなければいけないと責任ばかり感じているかもしれませんが会社側もあなたをフォローしなければならないという部分があります。

リテンションマネジメントです。

社員に会社を辞めたいと思わせない環境を作ることです。

あなたが退職したいと考えるということは

リテンションマネジメントができてなかったということです。

 

「退職日までの気まずい期間が嫌」

退職届を出して退職日まで会社にいなければならないという

針のむしろにいるような機関が嫌で

退職言い出せない場合があります。

特に新人だとそう感じると思います。

 

経験者から言わしてもらうと

あまり気にするポイントではありません。

 

白い目で見られることもあるかもしれませんが

そんな会社だからこそ退職するのです。

 

どうしても嫌なら

退職代行サービスを使って

実際会社に出勤しないという方法もあります。

方法は色々あるのであまり気にする必要はありません。

 

退職する会社のことを考えるのですらバカらしいです。

 

東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】

一番大変なのは、

新卒者が退職することが迷惑だ

と思い込んでる殻を破ることだけです。

 

この仕事していたらおかしくなると感じたら注意

・病気の診断書を出せば休みを取ったり会社を辞めたりできるのだろうか

・労働基準監督署に会社の実情を訴えれば会社を辞めることができるのだろうか

ストレスでここまで妄想しているなら考えすぎです。

 

明らかに問題が履き違えてます。

はき違えてはいますが

そうなる心理をよくわかります。

どうして良いか分からない時に陥る心理です。

 

会社に恨みがあり復讐をしたいのであればそれもいいでしょう。

上司がサービス残業を強制したり毎日パワハラまがいの事をしていれば

上司がクビになる可能性がありますが

あなたは復讐したいのではなく会社を辞めたいのですよね。

 

明らかに考えすぎてます。

 

仕事を半年は頑張るの本当の意味

あなたが自己都合で会社を退職したとしても3ヶ月後に半年間は失業手当が給付されます。

そのためには半年間は仕事を続ける必要があります。

 

ブラック企業やパワハラ上司が相手だと

半年も仕事を続けることができないかもしれませんが

できるなら

退職後の収入のことを計算し計画的に退職ができるようになればいいです。

あくまで自分の利益で考えることが重要です。

新卒者が退職が迷惑という考えが吹っ切れないとき

ほとんどの新卒者が

退職することが会社に大きな迷惑をかけると考えて

我慢しようとしたりしますが

本当に我慢できないようであればいずれあなたの我慢の結界が崩壊します。

遅いか早いかだけの違いです

 

まずは以下の二つのことを思考から除外して

本当にあなたはどうしたいのかを考えてみましょう。

・他の人と比較して考えない

頑張ってる人と比較して「自分のは何でダメなんだ」と自分に鞭を打つ必要はありません。

誰入れること耐えれないことは人によって違います。

・ 会社の迷惑は考えても仕方がない

あなたがいくら我慢して会社を続けてメンタルをやられて大声で叫ぶようになっても

会社側は一切責任を取らない

責任逃れだけは超一流

そのことが分かってから後悔しても遅いです。

会社の激務に耐えかねて病気になった人がいますが

会社としてはしばらく休みなさいと言っただけで

一切のフォローはありませんでした。

 

考えることは

あくまであなたが満足いく人生を行き方

のみです。

「新卒であること」でも「会社への迷惑」でもありません。

健康やメンタルを壊すと 1時の問題じゃなく生涯の問題になります

退職する会社のことを考えるのですらバカらしいです。

東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】
タイトルとURLをコピーしました