【やっと自由になれる!】失敗しない、一回で簡単にやめれる退職代行の選び方

 

・退職代行を使ってでも今の会社から離れたい!

・退職代行選びで絶対に失敗したくない!

・信用できる退職代行の会社はどこ?

 

退職代行を依頼するなら絶対に失敗したくない。

退職代行を依頼すまで至った経緯を考えれば当然です。

 

頼りにならない退職代行に依頼した結果

面倒くさい交渉を嫌がる退職代行会社からも放り投げられ

会社とのトラブルに発展し

全部自分で解決しなければならない状況になったりします。

 

もう二度と会社には行きたくないと決意

やっとパワハラ上司から解放される

そんな思いを無残にも打ち砕かれます。

 

「勘弁してくれ!」

会社や上司そして頼りにならない退職代行に怒りが芽生えます。

 

反対に

選ぶべき退職代行さえ間違わなければ

有給休暇の取得、残業代、退職金などの交渉までやってもらえて

依頼者としては

「えっ、こんなに簡単でいいの!」

「えっ、ここまでやってくれるの!」

とビックリすることもあります。

この記事では

  • 少しでも会社に嫌な思いがあるなら退職代行を使う理由
  • 1回で退職を成功させるための退職代行の選び方
  • おすすめの退職代行会社

を紹介しています。

少しでも会社に嫌な思いがあるなら簡単に退職代行を使う理由あり

会社を退職することは労働者にとって当然の権利です。

それにもかかわらず

あなたは会社に対して

「会社を辞めます。つきましては

有給休暇を全部消費して今までの残業代も欲しいと考えています」

たったこれだけのことが言えない。

または言ってもはぐらかされるのです。

 

こんなパターンになったときには

退職代行を使う選択肢を考えてもよい時期です。

上司が怖くて言い出せない

パワハラ上司の場合は特にそうですが

退職を申し出たら罵詈雑言の末に

「今お前が辞めたらこの部署はどうなる?」

いかにもあなたが悪者のように言ってきますが

その上司は部下に対する接し方を変えようとはしません。

 

「契約違反だろう。訴えるぞ。賠償請求するぞ」

会社を辞めるのは違法でもなんでもありません。

社内規定で2週間前に連絡する必要がある場合もありますが

その場合は有給休暇を取ればよいだけです。

 

「懲戒解雇にしてやる」

完全な恐喝であり脅しです。

懲戒解雇されると次の就職先への影響が出ることを分かっていて言っていますが

完全な違法です。

 

パワハラ上司は自分がやっていることをパワハラだとは思っていません。

どれだけ周囲の人が病気になろうが退職しようが

自分が原因とは考えていません。

 

あるパワハラ上司は「俺はやさしい」と言っていました。

回りにいた人は血の気が引きました。

忙しい現場を知っているので言い出せない。

「お世話になった先輩や後輩に対して申し訳ない」

特に忙しい部署であなたが責任感がある人の場合は

仲間を裏切るような気分になります。

 

その人柄は多くの人に好感を持たれますが

「辞める」と決めた以上

その会社にいてもあなたのためにはなりません。

上司に申し出るとはぐらかされる

上司はその部署を任されている責任があります。

今あなたに抜けられると

残った人に負担がかかり

その部署が崩壊する可能性がある場合は

「後任をすぐに探すからしばらく待ってほしい」

「忙しい今の時期だけは残ってほしい」

「このプロジェクトが終わるまでいて欲しい」

などとお願いされ引き伸ばされ

最終的にはうやむやにされるパターンです。

 

こういったパターンは日常茶飯事に見られる状況なのですが

弱い立場の者が、強い立場の上司に何を言っても無駄なのです。

 

会社に対して我慢に我慢を重ねて「もうダメ」だと考えている人は

遠慮することなく簡単に退職代行を使えばよいのです。

 

ブラック企業でも第3者が介入してくれば

スムーズに辞めることができるケースが多々あります。

なぜかわかりますか?

 

上司は自らの保身や評価しか考えていません。

 

あなたが辞めることが上司の評価に悪影響を及ぼすならあなたを引き留めます。

第3者が介入することで、会社に知れ渡り上司が評価を落とすようなら

すぐに退職の方向にもっていくでしょう。

 

あなたは会社や上司のことを深く考えているかもしれませんが

上司にとってあなたの気持ちなど無関係です。

 

中途採用で誰よりも会社のために頑張ってきた男性がいました。

景気が良いときは、彼を褒めまくって使っていました。

しかし彼は昇任しません。

そして景気が悪くなると彼は結局解雇されました。

 

退職代行のサービスを利用する割合が20%を超えているといわれ

当たり前のようになってきています。

退職代行を使うか使わないかは最終的にあなたの判断ですが

判断する際にあまり周りのことを気にする必要はありません。

 

あなたが気にしなければならないことは次のポイントだけです。

1回で簡単に退職を成功させるための退職代行サービスを選ぶポイント

退職代行に依頼することを決めたあなたが気にするポイントは

パワハラ上司の目でも、残してきた仕事でもありません。

 

あなたが気になるポイントは

●本当に退職できるのか?

●会社の人ともう会わなくてもよいのか?

●会社とトラブルに巻き込まれることはないのか?

であり

依頼しようと考えている退職代行サービスがかなえてくれるのかどうかということです。

 

注意して退職代行サービスを選ぶ必要があります。

退職代行が増えてきていますが明確に違いがあります。

 

退職代行会社の違いは2種類だけ

退職代行サービスの違いは大きくは2種類だけです。

一般企業や個人の退職代行サービス

●普通の代行業者は会社に退職を通知することはできるが会社との交渉権がない。

●依頼料が安い

1万円~2万円が相場

弁護士事務所など

●本人の代わりに会社と交渉できるのは弁護士だけです。

●依頼料が高い

4万円~5万円以上

●面倒くさい

弁護士職務倫理規定で詳細ヒアリングが必要

結局、選択肢は一つだけ

大きな違いは、会社との交渉権があるかないかです。

会社との代理交渉は弁護士法違反(弁護士法72条)になるため交渉ができません。

 

最近は会社側も退職代行会社の本格的な対策に乗り出しており

会社もよく分かってきているので

資格のない会社や人物を相手にしてくれないことも多々あります。

 

「会社に通報したので後の交渉は本人がしてください」

と放り出されるケースもあります。

 

退職日の交渉ですらできないのでトラブルになったり

場合によっては損害賠償されたりします。

 

「会社とは話もしたくない」

そんな気持ちから退職代行に依頼したあなたですが

直接交渉はあなた自身がしなければならなくなったりして

結局、退職できずにトラブルだけ残していくことにもなりかねません。

別の退職代行サービスに依頼するにしてもお金がかかります。

 

退職だけでなく有給休暇の消化、給料や残業代の未払いの交渉ができるのは弁護士だけです。

 

結局、安心安全に退職するには、弁護士事務所や弁護士が直接交渉サービス行う退職代行に依頼することしか選択肢がありませんでした。

 

中には

弁護士監修などのサービスを前面に出している退職代行会社もありますが

弁護士が直接会社と交渉してくれるのか

その場合は、料金が別に必要なのかを確認しておく必要があります。

 

退職代行ガーディアンがおすすめ

●退職代行ガーディアンの特徴

東京都労働委員会認証の法適合の法人格を有する合同労働組合

労働組合法(労働組合法6条)に基づき労働者との代理交渉権を持っているので会社側と退職の意思伝達のみだけでなく交渉も可能となる。

要は、退職、有給休暇の消化、残業代の請求などの交渉が可能ということ

です。

一般企業と同程度の費用でリーズナブル

雇用形態・職種にかかわらず一律で29,800円

簡単(弁護士のような職務規定無い)

 

代表長谷川は前職で違法性を突いて大手退職代行を撃退した経験を持っていますので

会社側がどんな方法で攻めてくるか熟知しています。

 

退職代行会社と弁護士事務所のいいとこ取りをしたような会社です。

料金もリーズナブルで、本当に必要としている会社で弱い立場の20代の若者でも気軽に依頼することができる。



【退職代行ガーディアン】

退職代行ガーディアンを使うとどうなるの?

確実に退職できるの?

できます。

会社との代理交渉権を持つので退職、有給休暇、残業代そして会社の規則にあるなら退職金の交渉までしてくれます。

即日に会社を辞めることができるのか?

即日で会社を退職することは可能です。

就業規則の問題はありますが対応可能です。

ただし、有給休暇、残業代、退職金などのことも確認してからがよいでしょう。

有給休暇を100%取ってから退職すればよいのです。

ガーディアンに要望を伝えてみましょう。

会社の上司に直接会ったり連絡することは必要なの?

会社や女子への連絡は不要です。

全部ガーディアンが代行してくれます。

会社からの貸与物品(作業服など)の返却もやってくれます。

会社に残置してあるあなたの物も送ってくれるように要望すればよいだけです。

 

会社に顔を出す必要もない。

上司と会話する必要もない。

これほど嬉しいこともないでしょう。

 

退職までのステップ

ステップ1 LINEでの相談

電話でも連絡は可能ですが、まずはLINEで緊張することなく悩み相談からしましょう。

「上司とは話をしたくない」

「仕事がキツい」

「会社を辞めたい」

など

辛い気持ちを聞いてくれる人が初めてできたと思い込んであまり長話をしないこと。

この段階で気持ちが揺れ動くことはあります。

もし退職を辞めて「もう少しだけ頑張ろう」と思うのならそれでもオッケー

いざというときに逃げる手段はあるという認識してください。

ステップ2 依頼料の振込み

クレジットカードでも銀行入金でも対応は可能

退職に必要な質問フォームが送られてきます。

ステップ3 退職まで待つだけ

ガーディアンが代わりに退職に必要な交渉や連絡を代理で行ってくれます。

必要書類の記載や送付などをしなければいけませんが

会社の人と会うことは基本的にありません。

退職が完了するまでに、心配事が出てきたときは

回数無制限でガーディアンと相談が可能です。



【退職代行ガーディアン】

まとめ

退職代行サービスは、年々利用者が増えてきています。

 

それも当然です。

「退職代行サービスを使う人間はお世話になった会社の人に失礼だ。常識が無さすぎる!」

なんてことを言う人もいます。

 

そんな人に

「パワハラは許されるの?」

「怒鳴ったり恫喝することが常識ある行動なの?」

と聞くと

「俺らの時代はそんなことは日常茶飯事だった」

と回答が返ってきます。

 

入社した新人さんは誰でも多かれ少なかれ

「会社で頑張らないといけない」と思ったはずです。

それがいつの間にか

退職代行してもらわなきゃ辞めれない会社になってしまったのです。

 

会社の中の問題の元凶である大馬鹿野郎は

「ウチはそんなに黒くはない」

「パワハラなんかしていない」

と公言します。

部下が病気になっても退職しても本人は気づいていません。

 

リアルな現実を見るたびに、日本の会社って本当に酷いと思います。

 

最後の力を振り絞って職場に退職することを伝えるのは

勇気というよりも精神的負担が大きくボロボロになります。

素直に淡々と終わらせてくれませんからね。

 

そんな中で退職代行サービスを選択すのは必然です。

罪悪感なんて微塵も感じる必要はありません。

 

やるべきことに注意だけしてください。

やるべきこととは?

しっかりとした退職代行サービスを選択することです。

↓明日確実に辞めれる!↓



【退職代行ガーディアン】

タイトルとURLをコピーしました