【時間がなくても超シンプルに退職】新卒がブラック企業を安全に失敗なしで今すぐ仕事辞めた件

半年 経っても馴染めない正社員 ボーナス 出 ない 会社 退職新卒 辞めたい 言えない会社 商品 買わされる

もしあなたが
「人生休みたい」と考えているのなら、【退職代行サービス】を使ってみるべきです。

なぜなら
「仕事辞めたい」を簡単に実現してくれるから。

あなたの「仕事辞めたいけど辞めれない」ストレスを
退職代行サービスがサポートしてくれます。
失敗することなく確実に仕事を辞めることができるので
休日の夜の絶望感から解放され、朝を迎えることが楽しみになります。

早朝5時に自然と目が覚め、運動不足だった体を動かしたくなり、
ジョギングが習慣になるかもしれません。

こんな人間らしい生活を過ごしていきませんか?

20代だったら、まだどんな人生でも手に入れることができます!

奴隷のような生活から抜け出すには、退職して自由になる勇気が必要です。
悩んでいる時間で仕事を辞めるのは可能です。

勇気が必要といっても
パワハラ上司に退職願を出すことではありません。

退職代行サービスに依頼する勇気だけです。
初めて退職代行サービスに依頼するときには勇気がいるものですが
ラインで退職までの計画などの詳細を聞いているだけで
潜在的にあなたが持ってしまった上司への恐怖も少しずつ消えていきます。

ブラック企業から退職するときに退職代行を利用することは普通のこと

退職 言えない 怖い上司 怒鳴る 萎縮始発 終電 仕事退職代行 逃げ

2018年の離職者数は724万人います。
この数字を見て多いか、少ないかの意見は人それぞれですが、【仕事を辞める】というのは
普通のことなのです。

それに伴って
【退職代行サービス】の需要はだんだん増えてきています。
退職代行のサービスを利用する割合が20%を超えているといわれ
今や当たり前のようになってきています。

退職代行サービスとは?

20代や30代前半の会社では弱い立場の人たちが
パワハラ上司やクラッシャー上司に「退職願」を提出したり
退職日や引継ぎ事項などを話し合ったりすることは
相当のプレッシャーがかかります。

言えない理由は、明らかです

退職願を出そうものなら
その日からパワハラ上司やクラッシャー上司のターゲットにされ
さらし者にされるのは目に見えています。

退職する会社からそんな仕打ちを受ける必要はありません。

それでも退職させてくれればよいですが
退職届けの保留をされたり脅されたり
地獄のような職場を辞めさせてくれない場合もあります。

そんな絶望や憂鬱で埋め尽くされると
上司に退職届をだす気力も残ってない状態になります。

そんな立場や環境に置かれた人たちの
退職願いの提出から離職するまでを
あなたの代わりに行ってくれるサービスです。

本当ならば、
上司に「会社辞めます」「退職します」と自分の口から言うのが本筋かもしれませんが
そんな大事なことですら言わせない上司や受け入れない会社が多数あるのです。

退職代行サービスは時代のあだ花であり
発生するべくして発生したサービスなのですが

需要が増えてきているサービスです。

初めて退職代行サービスを利用するときに不安になるのは当然

初めて退職代行サービスを利用するときには不安になるのは当然です。

私はビビリまくっていました。

退職代行サービスを利用したことによって
パワハラ上司を怒らせてしまい

パワハラ上司がアパートまで乗り込んでこないか?
パワハラ上司から怒りの電話がかかってこないか?
会社に出向きパワハラ上司と顔を合わせること会社を辞めれるのか?
離職票などの必要な書類は届くのか?
退職代行サービスが裏切らないか?

「もう二度とパワハラ上司に会いたくない」
という恐怖から妄想が妄想を生みだし心配になりました。

そんな心配は杞憂で終わりましたが
重要なことは退職代行の選び方になってきます。

料金だけで退職代行を選ぶと
今以上に悲惨な目にあう可能性があります。

絶対に失敗しない退職代行サービスの選び方は1つだけ

引き継ぎしないで辞めたい上司に責任を押し付けられる退職 最終日 出勤 しない

何をしてくるかわからないパワハラクソ上司と一切関わることなく退職したい。
退職について何もかも任せて安心したい。

と考えるなら

退職代行サービスの選び方は2ステップのみです

●信頼できる退職代行を選ぶこと
●会社との交渉権を持つ退職代行を選ぶこと

クソ上司に「仕事を辞めたい」と言わないくてよいなら、
「すぐにでも退職代行サービスを使ってみたい」と食いつこうとしているなら、危険です。

需要があるサービスには必ず裏があります。
稼げる臭いを嗅ぎつけた悪徳業者は、
精神的に不安定な状態の人を食いものにすることしか考えていません。
残念ながら、【退職代行サービス】にも詐欺は溢れているんです。

安いだけで退職代行サービスを選ぶとトラブルに発展し
今以上に悲惨な目にあう可能性があります。

退職代行業者とのよくあるトラブル

料金を払うと退職代行業者と連絡が取れなくなる

完全な詐欺ですが、
退職代行業者が会社になにもアクションを起こしていないならまだマシです。

費用が返ってこないのは痛いですが
会社にあなたの退職の意思を感づかれることもないですから。

考えていたサービスでなかったり追加費用を求められる

「詐欺野郎」と叫びたくなるのはこちらの退職代行業者に引っかかたときです。

「退職願い」をあなたの代わりに会社に提出して終わり
そんな退職代行業者が多くいます。
それ以降の会社との交渉はあなた自身に放り投げられます。

退職願いを提出してあなたの意志だけ伝えて終わりです

結果

会社とのトラブルに発展し
全部自分で解決しなければならない状況になったりします。

なぜこんなことが起こるのか?

理由は明白で

一般の退職代行業者は会社との交渉することができません。
会社に退職を通知することはできるがそれ以外は一切できません。
退職日をきめることもできません。

法律上そんな権限がないのです。

退職代行業者も法律違反を犯しながら危ない橋を渡ったりしません。
最近は会社側も退職代行会社の本格的な対策に乗り出しており
会社もよく分かってきているので
資格のない一般の会社や人物を相手にしてくれないことも多々あります。

もう二度と会社には行きたくないという思いや
やっとパワハラ上司から解放される気持ちは
無残にも打ち砕かれます。

選ぶべき退職代行さえ間違わなければ
有給休暇の取得、残業代、退職金などの交渉までやってもらえるのにです。

相場より安い退職代行業者を選ぶと
「会社に退職願は出したので後の交渉は本人がしてください」
と放り出されるケースが多々あります。

会社側と交渉ができるのなら
そもそも退職願も自分で出しているでしょう。

会社を退職することは労働者にとって当然の権利です。
しかし実際は
退職を申し出たら罵詈雑言の末に

「今お前が辞めたらこの部署はどうなる?」
いかにもあなたが悪者のように言ってきますが
部署のことを考えるのは、目の前のクソ上司でありあなたではありません。「契約違反だろう。訴えるぞ。賠償請求するぞ」
会社を辞めるのは違法でもなんでもありません。
社内規定で2週間前に連絡する必要がある場合もありますが
その場合は有給休暇を取るか欠勤になるだけです。「懲戒解雇にしてやる」
完全な恐喝であり脅しであり違法であり犯罪ですが
懲戒解雇されると離職票に記載され次の就職先への影響が出ることを分かっていてあなたを脅しています。
完全な違法です。

こんな状態に落とし込まれます。

失敗しない退職代行サービスの選び方

一番重要なことは、依頼する退職代行業者に交渉権があるかどうか

  • パワハラ上司と交渉どころか顔も見たくない
  • 退職は当然の権利であり一切の交渉なんかしたくない。
  • 退職について何もかも退職代行に任せたい

そう考えるのであれば
一番重要なことは、退職代行業者に交渉権があるかどうか
ということになります。

会社との交渉権を持つのは弁護士か労働組合だけです。
一般法人は退職日の交渉すらできないのでトラブルになり損害賠償や懲戒解雇にされるケースもあります

一般の退職代行業者では会社との交渉ができないので
会社との調整がこじれた場合に備えて
弁護士が代行業務を行っている退職代行業者は多数ありますが
弁護士を雇うのは別料金であり
依頼料だけで5万円以上するなど費用が高くなること

そして
弁護士職務倫理規定で詳細ヒアリングなどの相当面倒な作業が必要になってきます。

特に注意が必要なのは
弁護士監修などのサービスを前面に出している退職代行会社がありますが
弁護士が直接会社と交渉してくれるのか?
その場合は、料金が別に必要なのかを確認しておく必要があります。

そんな心配をするならば
最初からリーズナブルな労働組合が運営する退職代行を選択しましょう。
20代の新卒だと、そんなにお金を持っていません。
これからのことを考えると少しでも節約したいでしょう。

信頼できる退職代行

多くのメディアに紹介されていれば基本的に問題はありません。
有名なメディアは掲載する会社を必ず調査します。

口コミも調べるには良い手段ですが
相反する意見があり結局どれを信頼して良いのか分からなくなります。

有名な退職代行業者も称賛もあれば非難もあり迷うだけです。

退職代行サービス ガーディアンを選ぶ決定的な理由

労働組合が運営しているので代理の交渉権を持っている

東京都労働委員会認証の法適合の法人格を有する合同労働組合が運営しています。

労働組合法(労働組合法6条)に基づき労働者との代理の交渉権を持っています。
あなたが今後一切パワハラ上司や会社と関わることなく会社を辞めるためにもっとも重要なことです。

当然、会社側への退職の意思伝達のみだけでなく
退職日、有給休暇の取得、残業代の請求、引継ぎ、備品の返納、離職票などのあらゆることを
あなたに代わって交渉してくれます。

 

代表である長谷川社長は
前職で違法性を突いて大手退職代行を撃退した経験を持っていますので
会社側がどんな方法で攻めてくるか熟知しています。

一般企業と同程度の費用でリーズナブル

雇用形態・職種にかかわらず一律で29,800円

退職代行会社と弁護士事務所のいいとこ取りをしたような会社です。
料金もリーズナブルで、20代の若者でも気軽に依頼することができる。
追加料金が一切かかりません。

1万円くらいの格安の退職代行もありますが交渉など一切してくれない場合もあります。
また弁護士がやっている退職代行サービスもありますが
残業代や退職金の交渉は別オプションであったり
成功報酬で20%(最初に支払う依頼料以外にです)必要だったりします。

多数のメディアで紹介

朝日新聞、ニコニコニュースなどの有名メディアでの掲載実績多数あります。

退職代行ガーディアンを使うとどうなるの?

確実に簡単にクソ会社を退職できるの?

確実に簡単にクソ会社を退職できます。
会社との代理交渉権を持つので
退職、有給休暇、残業代そして会社の規則にあるなら退職金の交渉までしてくれます。

わたしは
最初利用するときはガーディアンですら信用していませんでした。

退職代行サービスなんてやっぱり怪しいですから。

もしガーディアンが失敗したら
弁護士に頼もうと考えて退職に強い弁護士をピックアップしていました。

退職に失敗して、これ以上会社と関わるのが嫌だったからです。
心がパワハラ上司の表情と暴言に支配されて恐怖心から心配性になっていたかもしれませんが
ビビリの私は、そこまで準備しないと安心できなかったのです。

 

会社の上司に直接会ったり連絡する必要はないの?

会社やパワハラ上司への連絡は不要です。
全部ガーディアンが代行してくれます。
会社からの貸与物品(作業服など)の返却もやってくれます。
会社に残置してあるあなたの物も送ってくれるように要望すればよいだけです。

 

・パワハラ上司がアパートまで乗り込んでこないか?
・パワハラ上司から怒りの電話がかかってこないか?

などと心配になりますが
心配ならば対処方法をガーディアンと相談しておきましょう。

会社から連絡があったときは
会社側に連絡するのではなく
ガーディアンに連絡すれば対処はしてくれます。

会社に顔を出す必要もない。
パワハラクソ上司と会話する必要もない。
あなたは待っているだけ
これほど嬉しいこともないでしょう。

即日退職することはできるの?

最近は本当に多いのが即日退職です。月曜日に多いです。

休みの日にも
思い出さなくてよいパワハラ上司やクラッシャー上司が頭に浮かんできて
我慢と忍耐がプッツンと切れるパターンです。

依頼日当日にも対応可能で
依頼した後は出社する必要もなくなります。
労働法で2週間前に会社側に退職の意向を伝える必要がありますが
会社が同意すればその限りではありません。
ここでも会社と交渉権をもつ退職代行が必要になります。
また有給休暇がないと出社する必要があると勘違いしている方もいますが
欠勤にすればよいだけです。
欠勤の場合は有給でないので給料から差し引かれることになります。

いつでもブラック会社を辞めることができる確信は心強くもありますが
しかし結局合わないブラック会社は辞めていく事になります。

ガーディアンを使った退職までのステップ

ステップ1 LINEでの相談

電話でも連絡は可能ですが、まずはLINEで緊張することなく悩み相談をしましょう。

退職の際に

「パワハラ上司とは話をしたくない」
「会社の同僚とも顔を合わせたたくない」

「有給や残業代を取り戻したい」

「引き継ぎのために会社に行きたくない」

あなたの要望を全て相談してみましょう。

できること、できないこと、準備が必要なことが明らかになるので助言をもらいましょう。

ブラック企業やパワハラ上司に洗脳されて
会社を辞めることもできないと思い込んでいるかもしれませんが
退職できる手段があることを強く認識してください。
少し明るい気分になります。

ステップ2 依頼料の振込み

クレジットカードでも銀行入金でも対応は可能で
退職に必要な質問フォームが送られてきます。
そして入金するだけです。

入金することは簡単であっさりしています。
重要なことは
入金の前にあなた自身がメールやラインで相談して少しでも安心感が生まれたかどうかです。

私はパワハラ上司(係長)やクラッシャー上司(課長)の暴言に耐えられなかったので飛びつきましたが
もし迷いがあるなら入金するのは遅らせましょう。
入金は、いつでも簡単にできます。

逆に
即日退職したいときは直ぐに入金する必要があります。

ステップ3 退職まで待つだけ

ガーディアンが代わりに退職に必要な交渉や連絡を代理で行ってくれます。
ガーディアンの指示を受け
必要書類の記載や送付などをしなければいけませんが
会社の人と会うことは基本的にありません。

退職が完了するまでに、心配事が出てきたときは
回数無制限でガーディアンと相談が可能です。

会社から連絡が来なくなるので
今までのキツい日々がなんだったのか?
と感じると同時に
本当に退職が上手く進んでいるのか心配になりますが
心配になったら相談すればよいのです。

退職のときまでパワハラ上司に悩まされるな! 
会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

間違いのない退職代行を選ぶ まとめ

退職代行サービスは、年々利用者が増えてきています。

それも当然です。

「退職代行サービスを使う人間はお世話になった会社の人に失礼だ。常識が無さすぎる!」
なんてことを言う人もいます。

そんな人に
「パワハラは許されるの?」
「怒鳴ったり恫喝することが常識ある行動なの?」
と聞くと
「俺らの時代はそんなことは日常茶飯事だった」
と回答が返ってきます。

もう話が通じないのです。
入社した新人は誰でも多かれ少なかれ
「会社で頑張らないといけない」と思ったはずです。

それがいつの間にか
「上司に話すのが怖い」
「会社を休みたい」
「病気にならないかな」
「退職したいけど会社を辞めることができない」

そして
退職代行を利用しなければ会社に退職の意思を伝えることですらできなくなってしまったのです。

会社の中の問題の元凶であるパワハラ馬鹿上司は

「ウチはそんなにブラックではない」
「少し指導しただけ」
「パワハラなんかしていない」

と公言します。

部下が病気になっても退職しても本人は気づいていません。
リアルな現実を見るたびに、日本の会社って本当に酷いと思います。

 

最後の力を振り絞って職場に退職することを伝えるのは勇気じゃく無謀です。
精神的負担が大きくボロボロになります。
パワハラ上司が素直に淡々と終わらせてくれませんからね。
そんな中で

20代の若者が退職代行サービスを選択するのは必然です。
会社や同僚に対して罪悪感なんて微塵も感じる必要はありません。
これ以上自分自身にストレスを与える必要はないでしょう。

退職のときまでパワハラ上司に悩まされるな! 
会社や上司へ連絡不要!【退職代行ガーディアン】

タイトルとURLをコピーしました