新卒が退職するのは甘えなのかと感じたときに絶対に確認しておくべきこと

仕事 辞めたい 甘え

新卒の新入社員が2ヶ月で会社を辞めるのは甘いのですか?

 

新卒や新入社員は「退職するのは甘え」と

上司や先輩に言われると過敏に反応してしまいますが

あまり気にしなくていいです。

 

そもそも「甘え」ってなに?

 

数ヶ月で会社を辞めるから甘え

数年後に辞めるのは甘いじゃないのか?

 

会社を辞めるのに「甘え」などといった基準はありません

「辞める辞めない」の見極めの判定基準があるだけです。

その判定基準はあなたの性格や気持ちの中にあるだけです。

 

長時間労働でサービス残業は当たり前

終電で帰る日々もある

こんな会社に長居するつもりはないと判断するまでに

2週間もかからない場合もあります。

 

2週間で辞めるのも

3ヶ月で辞めるの

会社を辞めるまでに3年かかるのも

それぞれの基準があり判断してるだけ

 

会社に入って2日で辞めた例もあります。

2日でその会社を

その人が「見限った」というだけの話

 

「甘い」と言われて悩むのは

初めて入社した会社であり

あなた自身に基準がないからです。

 

周囲の先輩が愚痴や文句を言いながらも夜遅くまで残業していたりすると

短い期間で退職することに

申し訳なさと罪悪感を感じるからです。

 

周囲のみんながやっているから

自分が短期間で会社を辞めることが間違っているのか?

間違った判断で周囲に迷惑をかけるのか?

結果、白い目で見られたりするのが怖い。

といった感情が出てきてるだけです。

「甘い」とか「甘え」などと言った言葉に過敏に反応するようであれば

仕事を辞める判断基準がないんだっていうことを理解してください。

仕事を辞める判断基準がわからないから職場人のことが気になる

今いる会社がブラックなのか明確な判断基準や自分自身の尺度がない

新卒の新入社員で一番に問題になるのが

会社を退職するときの判断基準がそもそもわからないということです。

想像を絶する過酷な労働環境ならば早々に判断することができます。

誰が見ても高い離職率で

2週間で同僚が二人も仕事を辞めたとなると

誰が見てもブラック企業確定で

わかりやすい判断基準ができますが

 

周囲の人たちがそれなりに頑張っていると

仕事に対する耐性がなく

ただ単純に自分が甘えてるだけなのか

分からなくなってしまいます。

明確な基準がないから周囲の目が気になる

新卒の若い社員は

社会経験も少なく

自分自身に明確な基準がありません。

 

会社を辞めていく社員を数多く見れば

判断基準は明確になりますが

短期間で早く辞めていくのがあなた一人だけという状況になると

「甘え」と言われれば

自分に原因があるように敏感に感じます。

 

そして考え込んでしまい

周囲の目が気になり始めます。

こんな会社に一生いるつもりはないが先輩や同僚が頑張っている

会社に対する自分自身の明確な基準があれば

周囲の同僚や先輩がどれだけ頑張っていようか

「自分は自分」と割り切ることができますが

正直なかなか難しいです。

 

本来は退職するときに

先輩や同僚が頑張っていることに判断基準を置くべきことではありません。

「自分が今の仕事にどう感じるのか?」

ということを基準においてみましょう。

退職を決めても一か月ぐらいは出勤しなければならなくなる

甘えてるかもしれないという不安の中

やっとの思いで退職願を上司に出したとしても

今度は、退職までの間は出勤しなければならないことが苦痛になります。

同僚は中には「裏切り者」「脱落者」などと言ってくる人もいるかもしれません。

 

いろんな不安が噴き出ます。

それが明確な判断基準を持っていないということなのですが

「甘え」や「申し訳ない」といったネガティブな気持ちを持ちながら

退職までの日々を過ごすのは

針のむしろに座らされてる罪人のような気持ちにさせられます。

 

退職や転職を何回か経験すると

何も感じなくなりますが

最初に会社を退職する時は生きた心地がしませんでした。

 

相手がブラック企業なら

退職代行サービスを活用することをお勧めします。

「甘え」などといった中傷や心ない言葉を聞く必要もありません。

 

退職するときまで会社と関わりたくない人へ
東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】

退職してから本当に仕事があるかどうか分からない

「甘え」という周囲の言葉は結構重くのしかかってきます。

気の弱い私には重かったです。

 

「数ヶ月で会社を辞めていくような甘えている人を雇う会社はない」

などとよく言われますからね。

会社の同僚から言われたりすることもあります。

 

解決法は簡単です

転職先を先に決めてから今の会社が辞めれば良いだけです。

ただしそのことは絶対に会社の誰にも話さないこと

親しい友人や同期でも必ず会社に密告します。

 

不思議なもので

次の転職先が決まっていると

「甘え」などといった悪口や中傷が平気になります。

次の会社が必ずしもホワイトとは限らない

周囲の人たちから「甘え」などと言われるのはどうでもいいことです。

社会で経験していくうちに

どうでもいいことということはわかってきます。

 

退職する時に「甘え」と言われることが嫌で気になるなら

退職代行サービスを使って淡々と退職すればよいだけのことです。

 

退職者の100人に5人は退職代行サービスを利用しています。
東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】

次の転職先が気になるなら

転職先を決めてから今の会社を辞めればいいだけの話です。

↓あなたの市場価値を確認してみましょう↓

新卒者の一番の問題は

今いる会社がホワイトなのかどうか判断がつかないことです。

超ブラックな会社は誰でも判断がつきます

ブラックかホワイトか微妙なラインだ会社はなかなか判断がつきません。

ホワイトの会社を辞めて失敗したということがないようにしなければなりません。

 

判断基準がないというのは

せっかく手に入れたホワイトの会社を

見逃してしまう可能性もあるということです。

嫌な会社や嫌いな仕事を我慢して続けるとどうなるのか?

最初の就職では良い会社か悪い会社か判断がつきません。

「やめたい」と感じるのが

あなたが「甘い」からなのかも判断がつきません

「今の仕事が合わないな」

悩みながら迷いながら会社にい続けると人生を棒に振る可能性があります。

 

まず会社の同僚や先輩を見てください。

・サービス残業をしているような会社では一生サービス残業が続きます

・毎日残業しているようであれば一生残業の日々が続きます。

・飲み会に強制参加をさせるような会社は一生飲み会やったら離れられません

・先輩が数年で辞めていくよう会社ならばいずれあなたも決断を迫られます。

 

「最初に入社した以上の会社には入れない。それがあなたの実力です」

などと脅し文句のようなことも聞きます。

 

確かにホワイトの会社にすぐに再就職できるかどうかは分かりません。

だからといって

今の仕事や職場に適性もなく合っていない会社で

一生暮らす必要性もないでしょう。

 

決断していくのは自分自身ということになりますが

判断基準がない

あなたが色々と言われる迷いの中で確認しておくべきものは

上司や先輩の将来にあなたの生涯を見ることができる

ということです。

 

そんな目で上司や先輩を見ていると

多くの発見があります。

これから何を我慢して耐えていかなければならないのかがわかってきます。

頑張ってる先輩を基準にするな

どんなブラック会社でも頑張ってる社員はいます。

そんな頑張れる社員も見習う必要ありません。

間違っても頑張ってる先輩を基準に物事を判断してはいけません。

 

ブラック会社で辞める社員が多ければ多いほど

頑張れば頑張るだけ出世する可能性が非常に高いのは事実ですが

そんな会社で出世をしても

部下の社員に煙たがられながら

恐喝に近い脅し文句で部下を働かせる必要が出てきます。

そんなとこで頑張れるのは一部の人間だけです

三十歳を超えると就職先が驚くほど減少する

石の上にも三年

3年いると次の就職が有利になる

本当でしょうか?

 

私的な結論で言えば「わかりません」

 

転職するということは

次の会社で必ず転職理由を聞かれます。

転職した会社が多ければ多いほど

転職理由は聞かれることになりまし

転職するまでの期間が短ければ

当然のことながら理由は聞かれます。

 

私の友人の言葉ですが

転職の理由や転職までの期間を

どのように自分でポジティブに解釈するか

ということに尽きると思います。

面接を受けるときに

本気で自分のやりたいことを考えて笑顔で受け答えをすれば

ほとんどの会社が合格する。

でした。

 

転職は厳しいかもしれませんがやってみないと分かりません。

4回以上転職して自分の居場所を見つけた人もいます。

 

私がはっきりと言えることは

30歳を超えると転職も厳しくなるということです。

新卒者の会社を辞める基準の見つけ方

初めて会社に入社したあなたには

会社を退職するにしても基準がありません。

「甘え」などと言った他人の言葉にどうしても左右されてしまう場合もあります。

 

社会経験が少ないあなたが基準を持つということは難しいように思いますが

会社を退職するにしても

何に不満があるのか

その不満を適切な不満なのかということは確認しておく必要があります。

我慢すべきでないことが明らかな会社

  • パワハラ
  • サービス残業あり
  • 毎日2時間から3時間の残業
  • 月に何日かは終電で帰る
  • 同じ部署の先輩や同僚が既に辞めている
  • 短期間で新人が辞めた

ブラック企業の典型ですが

そこから抜け出さない限り一生その生活パターンが続きます。

会社でしばらくは様子を見た方が良いパターン【ホワイトの可能性あり】

どんなにホワイトの会社であって

会社に出社する時は嫌な気分になるのです。

時期によっては「今日は出社したくないな」と感じることもありますが

ただ慣れてないだけであったりする場合もあります。

・毎日ほぼ定時に帰れる

・土日がしっかり休める

・会社の同僚と和気藹々と会話ができる

・福利厚生がしっかりしている

こういった会社はホワイトの可能性が高いので

短絡的に仕事を辞めてしまうよりも様子を見た方が良いです。

 

・給料が安い

・上司が少しパワハラ系

だったとしても

同僚と適度にガス抜きやストレス発散ができるならしばらく様子を見てみましょう。

 

多くの人がそうだと思いますが

やりたい仕事がはっきりしなかったり

仕事の目的が明確でないならば

ホワイト企業というだけで退職する理由はなくなります。

大学に帰りたい

就職してから数ヶ月は大学に帰りたいと望む新卒者が多いです。

新卒の新入社員は生活環境が一変するので

ほとんどの人がそう感じます。

就職するのが嫌で大学院まで進む学生もいます。

 

大学だと夏休みは一か月以上あったのに

就職すれば一週間から2週間しかありません。

ブラック会社だと全くないこともあります。

 

しかし

だただ大学に帰りたいというのは「甘い」です。

あえて厳しいことを言うのは理由があります。

 

大学生活を基準にすると

どんなホワイト企業でもブラック企業の仲間入りです。

大学生活の基準で会社を見てはいけません。

 

ホワイト企業を安易に捨ててしまい本当に後悔することになります。

仕事内容や環境が明らかに性格や感性と合っていない

汚い部屋、騒音、同じことの繰り返し、孤独感、人間関係

これらは

あなたの感性や性格に合っていなければ

ストレスが積み重なっていくことになります。

これらの要因は

他の人が我慢できる環境に

あなたが我慢できないからと言って「甘え」とはなりません。

 

同級生にたまには連絡を取って仕事の状況を確認しましょう

新卒で入社したての頃は

職場での人間関係を作ることも大切ですが

同級生に連絡を取ってみましょう。

 

就職先で明暗が明らかになっています。

多くの愚痴や文句も聞くことになるでしょうが

そんな中から

あなたの今いる会社がホワイトなのかブラックなのかを確認していきましょう。

仕事なさすぎて暇

絶対に辞めるべき会社でありません

適切な仕事量と適切な人間関係があるのが一番ですが

ブラックな会社でない

パワハラ上司がいない

というだけで十分にホワイトです。

 

仕事が無さすぎて暇だから会社辞める人がいるのか?

と思うかもしれませんが実際にいました。

職場がホワイトすぎて脳がふやけているのでしょう。

転職した先はブラックで

しばらくの間「もといた会社に戻りたい」と愚痴を聞かされました。

新卒者の退職が甘えでよかったと感じるために

初めての就職では

必要以上に働くことにストレスを感じたりします。

数日で仕事を辞めたいと感じるのがほとんど全て同じです。

だからこそ「甘え」かどうか分からなくなります。

 

また

完璧に100%あなたに合う会社はありません。

多少の我慢は必要になるかもしれませんが

せっかくのホワイト企業を

最初のストレスが耐えられなくて

安易に捨てることがないようにしましょう。

 

最初に選んだ会社は

社会の実態がほとんど分からない状況で

就職競争の中で掴み取った会社です。

固執してしまうかもしれませんが

ブラック企業であることが明らかだったり

あなたが一生勤める気がない

と判断したのであれば

一週間で辞めようと「甘い」ということにはなりません。

今いる会社に一生務めないのであれば

その会社にいる価値はありません。

(スキルや資格だけ取らせてもらうのはよいですが・・・)

 

また

若ければいくらでもリカバーできる可能性があります。

高卒で働いて嫌な思いをしているなら

大学に入り直す方法もあります。

公務員の専門学校に入り公務員を目指す方法もあります。

 

ブラック企業に入社して数ヶ月で退職を決意

数年後、ホワイト会社でゆっくりと仕事をしている自分自身と

ブラック企業で相変わらず

休みもなく、夜遅くまで働き続けている同僚や先輩の話を聞くと

「甘え」で良かったと感じるはずです。

↓まずは気晴らしに、あなたの市場価値を確認してみましょう↓

タイトルとURLをコピーしました