パワハラ上司やクラッシャー上司が怖くて仕事辞めたいと言えない新卒が確実に退職する方法

新卒 辞めたい 言えない

パワハラ上司やクラッシャー上司が怖くて 「退職したい」のたった一言が言えない。

 

本当は

「お前が嫌だから会社を辞めるんだよ!」

「こんなパワハラ上司がいる会社で仕事なんかやっとれるか!」

「あんたは何人の人を辞めさせてきたんだよ!」

と言ってやりたい

 

「お前がいなければ会社を辞めたいとも思わない」

そんな捨て台詞を言いたい。

 

でも言えない。

 

特に初めて入社した会社で退職するときは

考えれば考えるほど不安になり

・勇気を出す方法

・ありとあらゆる理屈に対して理論武装

・不安から頻繁に友人に連絡して勇気をもらう

いろいろと試してみたが

結局全部ダメだった。

 

パワハラ上司に「退職します」と言えなくて

精神的にも肉体的にもヘトヘトになり限界が来ているのなら

退職代行サービスに頼ったほうがよいと思う。

 

悩む必要なんか一つもなかった

と感じるはず。

世の中にあるサービスはもっと使うべきだと実感する

 

パワハラ上司が怖くて退職を言えない期間が2カ月

 

「課長お話があるのですが」

たったこれだけが言えない。

 

課長がトイレに行っただけで

課長の近くに人がいるだけで

今はタイミングが悪いと勝手に自分に言い訳している。

 

気づいたら2カ月も経っていた

 

今日こそは絶対に言おうと決めたのは100回以上

 

俺は、なんてダメな男なんだと自己嫌悪することも数知れず

でも

あなたはダメな男でも何でもない

普通にそうなります。

優しくて心配性で

人間関係に配慮する人は自滅しそうになります。

 

でもあなたは悪くありません。

弱くもありません。

自己嫌悪に陥る必要は全くありません。

 

あなたと同じことで悩んでいるのは

過去の私も同じです

ネットで調べたら多くの人が悩んでいます

 

他人に相談しても頼りにならない助言の数々

会社を辞めるのならビビる事はない!

理屈では分かっているが上司の前に立つと条件反射的に体が怖がっている

クラッシャー上司に言えないならば人事に直接言えば良い!

人事に退職願を出した後にパワハラ上司から報復されないか不安です

退職願だけで2週間後には退職できますよ!

労働法は知っています。

なんとか勇気を持とうと必死で調べます。

しかし

退職届を出した後の残務整理のために

会社に出社してパワハラ上司に会うことを考えると怖くてできません。

その会社でサラリーマン人生を過ごすのか?

心配してエールを送ってくれているのはわかります。

すぐにでも退職したい会社に人生かけるつもりはありませんが

上司が怖くて退職を切り出せません。

自問自答は何十回と繰り返した。

再就職のことを考えて3年は続けたほうが良い

「石の上にも3年」なんて聞き飽きた

なんとか会社を辞めたいと考えているのに

パワハラ上司やクラッシャー上司に3年間もイジメられろというのか?

転職先が決まってから辞めたほうがよい

そんなことは分かっている。

当然将来が決まっていないと不安になる

収入がストップすることに不安はある

 

転職先を決めてから今の会社を退職するのがベストなことは

わかっている

でも

次の就職先が見つかるまで我慢できるか?

 

人の人生に責任は持てないので

軽々しく退職しろとは言えないが

だからといって

パワハラ上司やクラッシャー上司の暴言い耐え続け我慢しろ

というのは酷すぎる

 

退職を伝えてもパワハラ上司の標的にされるだけ

パワハラ上司やクラッシャー上司に何が言えるのか?

・毎日怒鳴られ洗脳されている

・どうでもよいことを大きなミスのように責められる

・みんなの前で4時間以上の叱責

・廊下や遠く離れた部屋にも響き渡る怒鳴り声

・仕事だけ押し付けて自分は早々に帰宅。

感情的になって部下を叱責する

毎日毎日こんなことで洗脳される。

こんな上司のもとで働いている社員は

上司に怒られないように防御しているだけ。

 

「退職します」とわざわざ自分からイジメの標的になりに行きたいと思うのか?

退職願いを出したあとに退職までの期間でひどいことになるのは明白です。

 

「今の時期に辞めて会社に迷惑がかかると思わないのか?」

「今まで育ててきた恩をわすれるつもりか」

「こんなことで辞めていくような奴はどこに行っても通用しない」

好き勝手に言ってくることは容易に想像できます

 

それでも「上司に報告する必要がある」と悩んでいるのはなぜでしょう?

 

あなたに植え付けられた

「周りの人と仲良くしなければならない」

「相手に礼儀をつくさないといけない」

という普通の世界では十分尉に役に立つ意識だけです

 

その意識をすぐに捨て去るのは難しい。

あなたは勇気を持つために

いろんなことを試しているのではないでしょうか?

 

上司へ退職を切り出す勇気がなくて別の言い訳にすり替わっていえる

 

上司が怖くて「退職します」「会社辞めます」と言えないだけなのですが

わたしが辞めると仕事が増えるのでみんなに迷惑がかかる

と別の思考にすり替わっていませんか

・仕事を中途半端なままで放り出してよいのか

・職場の人に対する裏切りなのでは?

そんな罪悪感が、あなたの言い訳になってきていませんか?

 

パワハラ上司やクラッシャー上司が怖くて

退職することができない理由がすりかわっています。

 

あなたが会社を辞めれば次を募集します。

私の前任者は私より短い期間で辞めました。

 

クラッシャー上司やパワハラ上司がなぜ怒るか理由を知っていますか?

 

クラッシャー上司やパワハラ上司が怒る理由を知れば

あなたの気持ちを分かってもらおうとすることがいかに無駄か理解できます。

 

上司が怖くて理論武装をしようとします。

しっかりと理由を説明すれば

上司に理解してもらえると思っていませんか?

 

今までの仕事で理由を説明して理解してもらえたことがありましたか?

・・・・

・・・・

ないでしょう

 

あなたに歩み寄る気持ちが少しでもあれば

その上司から離れようとは思わないはずです

 

上司に質問されたらどう答えるか考えてきたはずです

退職しようと考えてから

毎日のように考えてきたはずです。

そんな考えが通用すると思いますか?

 

あなたにマッチした職場環境ならば

環境が変わり上司が変わっただけで

あなたは「頑張ってるね」と上司から言われたりします。

今までのストレスは一体何なんだ

と思うはずです。

 

環境が変われば

そもそもパワハラ上司なんていないかもしれません

 

なぜ目の前のパワハラ上司やクラッシャー上司は怒鳴り声を出して怒っているのか?

あなたがミスをしたからでも

説明が下手だからでもありません。

 

上司が怒る理由はただ一つです。

怒りたいから怒っているのです。

文句を言いたいから文句を言っているのです

同じミスでも怒らないで冷静に対応する普通の上司はいくらでもいます。

 

冷静に話もできない人に分かってもらおうとしても無駄です

 

仕事の悩みを相談したときに頼りにならないバカ同期が言ったこと

 

私が退職の際に相談したバカ同期のセリフです。

パワハラ上司が「言ってることは正しい」

同期のバカはパワハラ上司の援護をしてきました。

「パワハラ上司の言ってることは正しい」

パワハラは話している内容だけの問題じゃない

話し方や接し方の問題も大きいので

そのことも相談してみたが

「パワハラ上司の言ってることは正しい」

と強い主張をしてきた。

 

パワハラ野郎やクラッシャー上司は

あまり間違ったことは言いません

理由は

それしか頼るものがないから

俺は正しいと思い込まなければその場にもいられないのでしょう。

 

上司をスルーして人事に直接退職願を出すのは社会人として常識外れ

相手がパワハラ上司でもクラッシャー上司でも

しかりと退職の意思を伝えないのは

社会人として常識外れ、礼儀知らず、マナー違反らしい

 

そんなことを平気で言えるのは

本当のパワハラ上司やクラッシャー上司に出会ったことがないからです。

 

退職代行を利用して退職した人に話を聞くと

私のようにパワハラ上司に悩んだ人もいれば

パワハラ上司やブラック会社なんかいちいち相手にできないと割り切った人もいます。

 

バカ同期のその後

その後、バカ同期がパワハラ上司の標的になりました。

 

「言っていることは正しい」といっていたバカ同期は

耐えられなくなって会社を辞めました。

 

会社では、私が退職代行を使って会社を辞めたことをボロクソに言っていたらしいです。

そのためバカ同期はパワハラ上司に直接退職願いを出したそうですが

みんなのいる前で公開処刑が始まりました。

 

「社会人として礼儀知らず」と言っていたバカ同期は

退職代行を使って会社を辞めました。

 

その後、バカ同期から連絡があり1度会いましたが

私に言った内容を忘れたのか

私が当時言った内容をそのまま聞かされました。

 

この時に思ったことは

他人の助言なんて当てにならない

結局、自分が決めた選択が正しかった

ということです。

 

このバカ同期には

「まだ就職先を探している」と言っています。

ホワイト企業に就職したことがわかると頼られるのが目に見えているからです。

嫌な上司と顔を合わせずに退職したいなら退職代行を利用

 

退職代行サービスに1度メールで連絡してみるとよい。

メールのやり取りをすると

「いつでも会社を辞めれる」と少し実感できるようになる。

このことがとでも重要です。

 

退職代行サービスを選ぶときは

代理交渉権を持つ退職代行に依頼して

全ての交渉を任せてしまうこと

(非弁行為は弁護士や労働組合しかできない)

 

あなたの退職の意思だけを伝えるだけの退職代行サービスだと

会社の備品や必要書類の問題もあって

「一度会社に来てください」と会社側から連絡があったりします。

その際にパワハラクラッシャー上司に会いたいですか?

 

退職するまで

パワハラ上司なんかと会いたくなければ

全て任せられる退職代行に依頼することです。

法的な手続きも交渉も任せられ

2度と会社に行かなくて済みます。

 

パワハラ上司や会社からほとんど連絡がなくなります。

本当は全く連絡がないと言いたいのですが

パワハラ野郎から電話やラインが来たりすることもありました。

相手にせずに全て退職代行に連絡すると

そのうちにパワハラ上司から連絡も来なくなりました。

 

必要書類の準備や引き継ぎ書、会社から借用している備品の問題など

細々した問題もありますが対応してくれます。

 

注意することは

労働法では会社に14日前に告知すれば退職できます。

有給休暇がなければ会社に出社しなければならない可能性がありますが

会社側が納得すれば即日でも辞めることはできます。

そのあたりも代理交渉権を持つ退職代行サービスに相談しておきましょう。

 

パワハラ上司の顔をみることなくブラック企業を簡単に辞めるには
東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】

パワハラ上司やクラッシャー上司から逃げるのは100%正しい

 

新卒の頃は会社を辞めるのは

「自分が弱いから逃げている」

という後ろめたさがあったが

そんな考えも

何回か転職して

会社の実態が分かってくると変わります。

 

今の気持ちは

「逃げて何が悪い!」と思っています。

 

・パワハラ上司やクラッシャー上司の一方的な暴力的な罵声

・同僚は標的にされたくないから無関心

私の成果まで横取りするヤツまでいる

・長時間のサービス残業

 

一方的な暴力に耐えられる人はほとんどいない。

終わりの見えない拷問と同じである。

 

そして

誰も助けてくれる人はいない。

あなたが誰かを助ける必要もない。

 

離職率が高くても退職理由に気づいても会社が変わることはない。

なにより

パワハラ上司やクラッシャー上司は自分に原因があるとは思っていない。

 

転職したり上司が変わったりして環境が変わるだけで

あなたの評価は一変することもあるし居心地がよくなる。

 

そのことを気づいたときに強く感じたこと

「逃げて何が悪い!」

 

パワハラに気づいていても

部下を何人も病気にするようなクラッシャー上司がいても

会社は配慮しないだろう

誰も手を差し伸べない。

 

このことに気づいたときに笑ってしまいました。

泣いてしまいました。

スッキリしました。

 

後は、逃げるだけだ。

 

パワハラ上司の顔をみることなくブラック企業を簡単に辞めるには
東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】

タイトルとURLをコピーしました