【もう会社に行けません】仕事に行かずに即日辞める方法

退職 明日から行かない

●もう会社にいきたくありません。もう行けません。限界です。
●今日会社を退職できますか?会社に電話をする勇気もありません。
●入社して1カ月の新卒社員なので有給がないのですが即日退職は可能なのでしょうか?
もうパワハラ上司の顔を見たくありません。
●即日退職する方法を教えてください。

ここまで決心するのにどれくらい悩んできただろう。
あなたは十分頑張ってきました。
「即日退職したい」なんて言葉が出るギリギリのところで頑張りすぎています。
「会社に行きたくない!辞めたい!逃げたい!」と叫んでいる心に従うときだと思います。

即日退職は可能です。
実際には退職日が後日に伸びることはありますが
あなたが会社に行ってパワハラ上司に虐められたり
サービス残業に苦しめられたするのは今日で終わりにできます。

真面目で優しい人は悩み抜いたはずです。
本来なら会社の上司と相談して退職すべきであることは十分承知しているはずです。
しかし
ブラック企業での一方的なパワハラで精神的に限界を迎えたのです。

「明日は会社を辞めるって言う」
「会社には次の日から行かない」
「仕事から今すぐ逃げたい」

そんな思いを何回も繰り返してきました。
会社に行く途中の駅で電車に乗ることができずSNSで顔も知らない人に助けを求めたことが何回もあります。

会社に行きたい、行きたくない。
仕事をやめたい、辞めたくない。
仕事辞めたら生活できない。なんとかなるはず。
そんな気持ちのは狭間で、自分がよくわからない状態になったりしました。

経験上はこうなったら気持ちが退職の方向に進みます。早いか遅いかだけの違いです。

会社への
退職願の提出
退職日の決定
引継ぎについて
備品の返却
残業代や有給の取得など
会社との面倒な交渉の一切を退職代行に全て任せてしまいましょう。

パワハラ上司の嫌な顔を見ることなく一切かかわることなく
あっさりブラック会社から離れましょう。

退職代行サービスを利用するのが初めてだと
本当に退職できるのか?
会社から電話がかかってきたりしないのか?
と心配になりますが
心配はいりません。
信用できる退職代行サービスならば全て任せられます。

会社にはもう行かないで大丈夫です。
退職代行の指示通りに動きましょう。

限界を越えるとあなたの人生が終わります

このまま自分を押し殺して放置すれば
こころが悲鳴を上げます。

体に原因不明の痛みや吐き気を感じたり心臓の鼓動が早くなったり
過呼吸になったりして
最後には適応障害や鬱になったりします。

そして考えることは

駅のホームから電車に飛び込んだら楽になれるのだろうか?
この交差点から車に飛び込みたい

と考えるようになります。

適応障害や鬱になると回復までに数年かかります。
二度と回復しない可能性もあります。

そうなっても会社は一切の責任を取りません。

真面目過ぎる人は退職するときも不安や心配があふれてきます

結局、嫌なことは一つだけなのですが
そこからすべての不安が派生します。

・パワハラ上司やクラッシャー上司に会いたくない。会話もしたくない。
・新卒で入社したあなたが言い返せないのをいいことに数時間にわたる説教
・泣くまで声を荒げた恫喝まがいの指導

上司のこういった常識外れのパワハラ
それがあなたを即日退職にまで追い込んだのです。

真面目に悩む人は退職を決めても退職代行に依頼しても次から次に不安があふれてきます。

本当に即日退職できるのか?パワハラ上司から逃げれるの?

パワハラ上司から逃げるために退職しようとしています。
それなのに退職の意思を伝えたまではよいが
結局退職できずにパワハラ上司の前に立たされる
一番恐怖に感じるはずです。

即日退職できるかどうかは会社との合意によります。
民法627条では2週間前に会社に申し出るようになっています。
社内規則で「1カ月前」と明記されている場合もありますが
どちらにしろ会社との合意がなされないと即日退職は無理です。

しかし安心してください。
会社側にも事情があるので即日退職は無理かもしれませんが
退職日まで
あなたがクソ会社に行かなくてもよいように退職代行が交渉してくれます。

あなた自身がする必要はありません。

過去にあなたは勇気を振り絞って退職を申し出たかもしれません。
その時は
上司に直接言うのが怖くて電話で伝えたら、「常識外れだろう」と激怒された。
パワハラ上司の怒鳴り声に負けて退職することができなかった。
そんな経験があるかもしれません。

ブラック企業を辞める際にトラブルになったという話はよく聞きます。

完全に違法ですが
本人が即日退職願い出したら、次の日に解雇処分にされたという事例まであります。
これも違法ですが「離職票を出さない」と脅されることもあります。
「有給休暇はなしでええやろ」と労働者の権利を奪っていく上司もいます。

そこまでひどくなくても
ブラック企業やパワハラ上司から
「おまえを採用したのは大きな間違いだった」
「お前が会社にいると迷惑」
と怒鳴るくせに退職願いを出すと
「今辞めれば損害賠償を請求する」と恐喝(違法)されたりすることはよくあります。

しかし
法律をよく知る労働組合などの第3者が介入するとスムーズにいきます。

退職願いを出したことが過去になくても
1週間仕事しただけで「今すぐに結果を出せ!」
1回教えただけで間違うと「1回で覚えろ!」
そんなことを普段から言われ続けているのなら
法律を知っている退職代行を利用すべきです。

あなたが退職を申し出るとパワハラ上司の恫喝が始まることは目に見えています。

【自責の念】会社を退職することも自分で言えない私はダメな弱い人間

真面目で優しい人は
退職するまで追い込まれても世間一般で言われている常識を気にします。

「みんな悩みを抱えて頑張っているのに逃げる自分がいやだ」
といったトンチンカンな自責の念まで出てきます。

人によって耐性はそれぞれ違いがあります。
100%真面目に受け止める性格だと環境によってすぐにメンタルの病気になります。
仕事内容があなたの性格や能力と合っていなかったり
天敵とも呼べる性格の上司だったりすると
あなたはどんなに頑張っても評価されませんし報われることはありません。

しかし
ホワイト企業に入ってみるとビックリするくらい評価が変わります。
環境の問題なので自責の念は無視しましょう。
真面目ほど馬鹿を見る人はいません。

私がそうでした。
20代の若者の頃は純粋に感じていたことも
社会を知れば知るほど「真面目に仕事するのはバカらしい」と感じます。

入社したばかりで有給がないときは退職日まで出社する必要があるのか?

入社して1カ月しかたっていないので2週間も休暇がない。
そんなときは
パワハラ上司の怒鳴り声を聞くためだけに2週間も出社しなければいけないのか?

大丈夫です。欠勤にすればよいだけです。

その交渉も労働組合がやっている退職代行サービスならば可能です。

そもそも

会社と雇用時に取り決めた労働条件と実際が異なる場合は即時に会社を辞めることができます。(労働基準法15条第2項)
雇用契約書に30日と記載されていようが労働基準法が優先されます。
ブラック企業で違反していないようなところはほとんどないでしょう。

有給休暇があるなら使いましょう。
退職日まで有給休暇が足りないときは欠勤(給料が支払われない)扱いとなります。
退職日を迎えることになります。

上司からの連絡がひっきりなしにくるのでは?

退職までの交渉を自分でやるならば上司や関係部署からひっきりなしの連絡がきます。

退職代行に依頼しておけば基本的に全ての連絡は退職代行サービスが受け持ってくれます。

退職代行の担当者が会社側にそのことを伝えても
頭のおかしい上司からあなたに連絡がいくこともあるかもしれませんが基本的に無視で構いません。
恐怖に感じる必要はありません。
パワハラ上司から連絡があったことを退職代行の担当者に連絡すれば対処してくれます。

同僚の目が気になる。周囲の人に迷惑がかかるのでは?

真面目で周囲との人間関係を大切にする人は気にします。
そして「何を言われているのか?」も気になります。

特にSNSやネットなどで相談すると
パワハラ上司に直面したりブラック企業に勤めたことがない人に限って常識的な発言をします。
・社会人として自分で退職願いを出すのが最低限のマナーです。
・貴方の行動は学生気分が抜けていません。常識外れですよ。
・お世話になった会社に対しての礼儀です。
・甘ったれ発言です。あなたは真剣に努力しましたか?
・「終わりよければ全てよし」「飛ぶ鳥後を濁さず」です。
・出社しなかった場合は、あなたの職歴に傷がつきます。
・次の就職先から問い合わせがきたときに悪く言われますよ。

全て無視でかまいません。
同僚を含めて外野が何を言おうとあなたに対して責任は取りません。

退職代行サービスに依頼すると
出社する必要がなくなるので
先輩や同僚からのこういった発言を聞くこともなくなります。

会社から損害賠償請求を起こされるのでは?

あなたが即日退職を申し出ようものなら
パワハラ上司は、あなたを罵倒し事実と違うことを並べて「損害賠償しろ!」発言する可能性もあります。

しかし裁判になったケースはほとんどありません。
会社の役員でもない限り損害賠償を請求されることはありません。

そもそも
新入社員のあなたが会社にどんな損害を与えたのでしょうか?
会社に損害を与えるようなことを新入社員のあなたに任せる会社はありません。

そんなことお構いなしにパワハラ上司は言ってくる可能性があります。
あなたにパワハラ上司のこれらの発言に対応をする気持ちはないでしょう。
退職代行サービスに任せたほうがよいと思います。

即日退職したことによる損害賠償をされるのでは?
と考える人もいるようですが何か損害を与えましたか?
退職代行を利用したことに腹を立てたパワハラ上司が「退職代行は認めない」と喚くこともあるそうですが
退職代行を利用することでなにか損害を与えましたか?

引継ぎのために会社に出勤しなければならないのが怖い

引継ぎ内容も退職代行と相談すればわかりますが
通常はペーパー1枚で済む程度です。
作成した引き継ぎ書を退職代行の担当者に渡せばよいだけです。

引継ぎ不要になる場合も多いようです。

初めての退職代行利用の時は考えすぎて不安になるのは当然

真面目な人は考えすぎて不安になりがちですが
そもそも即日退職は会社との合意がなければできません。
退職代行も強引に即日退職をすすめたりしません。

あなたがパワハラ上司と顔を合わせることがないように
ブラック会社にこれ以上出勤しなくてよいように
退職日を会社との交渉しながら進めるだけです。

【無断欠勤】バックレだけはするな!あなたが不利になるだけ

無断欠勤(バックレ)は損害賠償の対象になります。
会社を辞めるにしても懲戒解雇扱いとなり
退職金をもらえなかったりします。
離職票に書かれて再就職や転職にも影響が出ます。

なにより
懲戒解雇になる前に
上司があなたの家に乗り込んできたり
電話やメールが「これでもか!」というくらい連絡があります。

本当に連絡が取れない場合は
家族や警察に連絡される場合もあります。

有給休暇にしろ欠勤にしろ退職にしろ
その旨を会社に連絡しておく必要があります。

意思表示とばかりに
退職願いを内容証明郵便で退職願を送ることもできます。
退職届けを上司の机の上に置いておくことも可能です。
即日退職することをメールで連絡することも可能です。
しかしその後はどうしますか?

結局あなたはパワハラ上司の前に立って説明を求められます。

退職代行に依頼すると
あなたの退職の意向を会社に伝えてくれます。
退職代行サービスを利用して理由を伝えても無断欠勤にはなりません。

バックレることなく上司と顔を合わせることなく会社を辞めるには
信頼できる退職代行に依頼することになります。

逆に言えばあなたがすることは
信頼できる退職代行に依頼することだけになります。
労働組合がやっている退職代行に任せると基本的にすべて丸投げでお願いすることができます。

退職日の調整、退職手続き、有給休暇の消化、未払い給料や残業代、退職金の請求、引継ぎの要領などの面倒くさい憂鬱な交渉を丸ごと代行してくれます。
あなたがやることは会社から郵送されてくる書類に記載して送り返すことぐらいです。

真面目に考えるのを辞め退職代行に全部任せて会社を退職しましょう

退職願を普通に提出して受理してもらえる会社なら
ほとんどの社員は退職願を出そうとは思わないでしょう。

パワハラで毎日のように虐められ
会社を退職したいがどうしてよいかわからないところまで追いつめられた。
新入社員を奴隷のような扱い追い込んだパワハラ上司と対峙するなんて不可能です。

全てを真面目に考えることを辞めましょう。
人生には捨て試合もあります。
頑張るのは認められる場所だけで十分ですよ。
本当に怖いものからは逃げてよいのです。
自力での即日退職する方法もありますが無理だと思ってもあきらめたほうが楽です。
面倒くさいことを全部引き受けてくれる
退職代行に任せることをおすすめします。

パワハラ上司の顔をみることなくブラック企業を簡単に辞めるには
東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】

タイトルとURLをコピーしました