クラッシャー上司から追い込まれ退職できない絶望から解放される対処法

上司 怒鳴る 萎縮

 

●クラッシャー上司への対処法を教えてください。退職者が続出するのはお前が原因なんだよ
●今日も耳を塞ぎたくなるようなクラッシャー上司の罵声と怒号をもう聞きたくない
●クラッシャー上司に退職願いを出す正論と理詰めと罵声と怒号で詰められました。もう退職願いを出す勇気がありません。

 

心の中で
「もういい加減にしてくれ」
といくらあなたが叫んでも
仲間達とクラッシャー上司の悪口を言い合っても
クラッシャー上司には届きません。

そんな時にみんなが考えることが同じです
「早く転属してくれ」
「この部署を変わりたいな」
「こんな上司の人で働くことはもう耐えられない」

クラッシャー上司がいなくなることが
あなたにとっても周囲のスタッフにとっても
最良の方法ですが
会社がクラッシャー上司を排除しようとしません。

パワハラやブラック企業などと言われ
社会問題になっても
小手先の処置だけで会社は全く変わることはありません。

あなたは
会社に対する考えと
クラッシャー上司に対する考えを変化させていくときがきています。

この記事では

●なぜ会社はクラッシャー上司を大切にするのか?
●絶対にしてはいけないクラッシャー上司への対処方法
●最も効果的なクラッシャー上司への対処方法

を紹介しています。

パワハラ上司やクラッシャー上司に対して会社は対応しない理由

会社にとってクラッシャー上司は成果を上げる優秀な社員

クラッシャー上司は
クラッシャー上司になる前も
クラッシャー上司になってからも
いろんな部署を転々としてきたはずです。
その過程で必ず問題を起こしてきました。
しかし会社は対応してくれません。

まずは
この現実を重く受け止めてください。

会社に対するあなたの忠誠心
会社に対するあなたの貢献度
一切関係ありません。

「こんな会社何時でもやめてやる」
スタッフ全員がそう思おうと会社にとっては関係ないことです。

クラッシャー上司は会社にとって利益を出してる以上
会社にとっては必要な存在だからです。

クラッシャー上司は部下にとってはクラッシャーでも
上層部に噛み付くことはありません。
あなた以上に会社の仕組みを心得ています。

上層部にしてみれば
成果を出している部下(クラッシャー上司)が
成果を出す際に多少の行き過ぎた指導があった
にすぎません。

スタッフ達の悲鳴は黙認されるだけです。

クラッシャー上司が
単に権限を利用してパワハラをしてるだけなら
会社側も容赦なく減給や左遷したりするでしょう。

しかし
会社が新しく事業を発足させときなどは
クラッシャー上司はとても便利な存在です。
言いにくいようなことも平気で部下に要求します。
誰もやりたがらない憎まれ役を普通にやってのけます。

部下を酷使し疲弊させても
ある一定の成果を出してくるのです。

あなたが上層部なら
これほど便利な存在はないのではないでしょうか?

部下から慕われて好かれている上司でも
成果の出さない人物は上司にとって不要なのです。

クラッシャー上司が排除されるのは会社に悪影響がある場合だけです。
例えば
・自殺者が出て大きくニュースで取り上げられた
・クラッシャー上司のおかげでなかなか成果が出ない
・労働基準局から指導があった

自殺者が出ても会社側は自殺者のことを考えてクラッシャー上司を排除するわけではありません
自殺者が出てニュースで大きく取り上げられると
会社にとっては大ダメージになり
売上に大きく影響します。

もしニュースにならなければ
自殺者の自殺の原因が「家庭の事情」などと公表され
そのままスルーされます。

クラッシャー上司の責任で
その部署から多くの離職者が出たり
クラッシャー上司の部下であるスタッフ全員ががまともに働かなくなったりすれば
当然のことながら
その部署は成果を出すのが難しくなります。
そうなって初めて会社側はクラッシャー上司の処分を考えますが

スタッフ全員でまとまってその会社を退職することがありえますか?
あるいは
スタッフ全員でボイコットするようなことがありえますか?

クラッシャー上司のように
人としての気持ちが欠落したようなサイコパスならできるかもしれませんが
常識があるあなたやスタッフはできないでしょう。
逆に
クラッシャー上司からパワハラを受けないように
少しでも成果を上げようと努力するのではないでしょうか

会社が儲けている相談窓口の意味

パワハラが社会問題になってきています。
大手の会社なら労基対策のために
社員の相談窓口を設けています。

社員は
パワハラ上司がクラッシャー上司の暴言に耐えきれなくて
相談窓口に相談します。

それを受けた会社の上層部は
クラッシャー上司の対策をすると思いますか?

ありえません。

会社側は相談窓口で情報を収集してるだけです。
労基に対しては相談窓口を設けています。
とパワハラ対策をアピールできます。

一方で
相談窓口に相談してきた会社に対する不満分子を特定できます。
少なくとも会社内での不満は先手先手を打って握りつぶすことが可能となるわけです。

場合によっては
クラッシャー上司に連絡が行き
相談した社員はさらなる窮地に追い込まれる場合もあります。

私がそうでした。
ターゲットにされました。
地獄のような毎日でした。

クラッシャー上司自らが改善することなどありえない

クラッシャー上司は自分自身が頭がおかしいことを気づいていません。
言うならばサイコパスですが
このことが全ての問題の元凶です。

頭おかしいことが自分自身でわかってないから
直しようがない。

人として悪いことをしているという意識もありません。
それは部下が自殺しても同じです。

部下の気持ちを1ミリも分かっていないサイコパス野郎

部下の気持ちなど1ミリも考えてはいません。
業績を上げない部下の気持ちなど分からないからです。

「業績をあげればいいだけなのに何をしてるんだ?」
ぐらいにしか考えていません

業績を上げるためなら何をしてもいいと考えています。

部下のストレスだ限界まで上がり
精神的ダメージがマックスまでいって
部下の心がへし折れようとも
関係はありません。

本人が気が済むまで指導というパワハラを繰り返します。

髪の毛が全部抜けた部下がいました。
一部分の髪の毛がごっそり抜けた女性のスタッフがいました。
そんな姿を見ても何も感じないのです。

病気で出勤できなくなった社員のアパートまで乗り込んでいった
クラッシャー上司もいます

それでも自分が何をしているか分からないのです。

私はパワハラ上司やクラッシャー上司はサイコパスだと考えています。
普通の上司は成果を上げる目的と社員のストレスを
どのように両立していくか考えますが
サイコパスは人の気持ちが理解できないのです。
そうなると分かりやすい成果のみが目標になります。

クラッシャー上司自身は優秀だと考えている

クラッシャー上司は上司に認められて今の地位に登り詰めました。
人間的に欠陥品であったとしても
会社に認められているので
「自分が能力がある」
「自分が認められている」
「自分は会社に必要とされている」
と思っています。

自分のやっていることはすべて正しいと考えています。

部下にどのような扱いをしようと
成果を上げている限りは会社が認めてくれていることも知っています。

人格否定のパワハラ発言や長時間の指導は当たり前

クラッシャー上司にとって
普通の人の使わないような言葉で
部下の精神をそぎ落としていく暴言は日常茶飯事です。
「小学生じゃないんだから」
「頭についてるのはなに?しっかりと使えよ」

更に指導を始めると
1時間位は平気で責め立てられます。

仕事の終わりスタッフ全員を集められ
それから2時間以上にわたり指導という名の追い込みが始めることもあります。

部下の男性がスタッフの前で涙を流しても容赦しません。

クラッシャー上司相手にやってはいけないこと

上司の要望に応えられない自分が悪いと思い込む

●クラッシャー上司の発言は自分の成長の糧になると割り切る
●上司から文句言われない完璧な仕事を心がける

この発言は耳を貸しちゃダメですよ。

クラッシャー上司と直接対応したことがないような人が
こんな発言をすることを時々耳にしますが
こんな発言を鵜呑みにしてはだめ。

「全力で頑張ります」
「ご指導ありがとうございました」
「全然問題ありません」
元気にそんな発言をしていたスタッフが
ある時出社しなくなりました。

外から見ていると
どんなに精神攻撃を受けても流しているように見えましたが
メンタルはどんどん疲弊していきます。
健全な精神が病気に侵されます。

クラッシャー上司の前では
文句を言われないような完璧な仕事はありません。

上層部や人事部への相談

全ての相談はクラッシャー上司の耳に入ると思ってください。
全部筒抜けです。

「何をしても無駄」と思わされます。

まして成果が順調に上がっている時は
会社側は何も対処しません。

相談したあなたが地方に飛ばされるくらいなら
ならまだいいでしょう
クラッシャー上司と離れられるわけですから。

上層部がクラッシャー上司にお小言を言って終わりの場合があります。

密告されたと思い込んだクラッシャー上司は
あなたに今まで以上にきつく当たるでしょう。

その時は容赦ありませんよ。

他の部署への人事異動を希望する

一応出してみるのも一つの手段です。

人事部に直接人事異動を申し出るにしろ
クラッシャー上司に移動を申し出るにしろ
異動のための理由を考える必要があります。

クラッシャー上司と合わないから人事異動させてくれ
とはなかなかに言えません。

会社にとっては
「人間関係を構築できないあなたが悪い」
「そんな人間の希望を叶える必要性はない」
ということになります。

クラッシャー上司が嫌で転勤を認めると全員転勤することになります。

会社としては
成果を上げているクラッシャー上司の方が必要なのです。

間違っても
あなたが人事異動を申し出ることで
クラッシャー上司の実情を理解してもらえる
などとは考えないことです
人事部はそんなことは百も承知です。

クラッシャー上司への対応策

会社は基本的にクラッシャー上司の味方です
クラッシャー上司が使える限りは対処したりしません。

クラッシャー上司が行く部署で必ず
病気になったり潰れてしまう社員がいても
会社の上層部は何一つ対応しませんでした。

ある部署で7人のスタッフが潰れて行きました。
まだ
ある部署では四人のスタッフが退職を余儀なくされました。
それでも対応しません。
ある場所で自殺者が出ました。

クラッシャー上司はその自殺者の葬儀にも参加しませんでした。
自殺したスタッフのお子さんが
「なぜお父さんは寝ているの」
と言った言葉に
葬儀に出たスタッフは涙を禁じ得ませんでしたが
クラッシャー上司は
「なぜそんなことで自殺するのか理解できない」
という発言をしていました。

またある時は
「俺は何人潰してきた」
ということを自慢気に話していたこともあります。

クラッシャー上司よりも会社自体に失望しました

会社に人生の大半を捧げるので
自分のいる職場がよくなってほしいと
希望してしまうのですが
そんな希望があるからこそ失望してしまうのです。

私たちはそんな中で対応策を考えていく必要があります。

勤めている会社に対する見方を変える時です

クラッシャー上司をのさばらせている会社側にも腹がたつでしょう。
支店のスタッフがボロボロと辞めていく
クレーム対応もおぼつかず成果もなかなか上がらない。
この会社は潰れるぞ
と悪態を打っても 何も変わりません

本当に成果があがらなくなる前に
クラッシャー上司による地獄のようなパワハラが始まります。
スタッフが入れ替わり立ち代り変わっても
ある程度の成果が上がってるうちは会社側は対応しません。

目に見えて成果が落ちてくるようであれば
クラッシャー上司を左遷すればいいだけです。

会社側の対応とはその程度のものです。
「会社は分かってくれる」
などといった甘い期待や対処方法を考えてはだめです。

一人では絶対に対処しようとしない

あなたがいくら優秀であったとしても
一人で対処しようとすると必ずクラッシャー上司に潰されます。

なるべくクラッシャー上司に関わりたくないので
普通のスタッフは関わりを持とうとしません。
他のスタッフが怒られていたとしても
クラッシャー上司への恐怖から
手助けすることはほとんど不可能です。

そんなことから
クラッシャー上司に対応するときはいつも一人になります。
それがクラッシャー上司の狙い目でもあります。

ある部署では
全スタッフが一致団結して会社の上層部に
クラッシャー上司に対する意見を言いました。
クラッシャー上司はその後すぐに転勤させられましたが
爪痕は大きく
優秀なスタッフが数人辞め
メンタルの病気で休職している人が多数出た後でした。

全員が一致団結してクラッシャー上司に対処する
この方法がベストな方法ですが
全員が団結することが困難なこと
全員が団結するまでに時間がかかること
などの弊害があります。

全員が団結してクラッシャー上司を告発できた事例を
後にも先にもこの一件しか知りません。

クラッシャー上司とクソ会社への裁判の準備

クラッシャー上司をのさばらせる会社の現実
響き渡るクラッシャー上司のからの罵声と怒号
病気になって倒れていくスタッフ
そんな現実は毎日目の当たりにしていると
会社に期待することが
いかに馬鹿なことかということを実感させられます。

裁判をするのは最初に必要なのは
あなたが本当に裁判をするかどうかの覚悟です。

会社に愛着があり裁判までは考えていないのならば
クラッシャー上司のパワハラに耐え続けることも考える必要があります。

私はクラッシャー上司の責任で病気にさせられました。
初めての経験だったので
効率的な手段だ打てませんでした。

今の私が同じ状況に置かれたら
迷うことなく裁判をします。
会社には一切の期待もしていません。

絶対に準備しておくことは
ボイスレコーダーやスマホの録音アプリで音声を録音しておくことと
詳細な記録を残しておくことです。

ボイスレコーダーは証拠にならないという意見もありますが
裁判に影響を与えることは事実です。

もしあなたが鬱などの病気になっていたら
労災の申請もしましょう。

やるからには一切の躊躇も同情もいりません。

もしあなたが精神的に追い込まれ自殺をしたとしても
会社もクラッシャー上司も何も感じません。
そんな連中だということです。

会社はあなたを裁判を起こした反乱分子とレッテルを張るしょう。
クラッシャー上司を悪者にするかどうかは
そのときの裁判の行方次第ですが
確実にあなたは悪者にされ腫物扱いされるでしょう。

会社で問題が起こるたびに裁判をされたら
会社側もたまったものではありません。
そんな人物に会社の重要な地位を任せたりもしません

会社とはそんなものです。
裁判をして何を引き出すのか?
それを考えた時に本当にむなしくなります。

労働組合やユニオンで相談する

労働組合が強いのならば、とても有効な手段の場合があります。

ただ
クラッシャー上司やパワハラ上司の問題を組合が知らないはずはありません。
どこにいても問題になるからです。

労働組合が強い場合は、問題ある上司はあまり発生しません。
組合が会社によって骨抜きにされている可能性もあります。

会社に組合がない場合はユニオンに相談するのも良いかもしれません。
特にユニオンに相談する場合は社外の機関になるので証拠が重要になります。

労働基準監督署という手段もありそうですが
クラッシャー上司の問題を解決してくれるわけではありません

重大な労働法に対する違反があれば
労働基準監督署が動くこともありますが
個別の問題に関わってくることはほとんどありません。

期限を決めて退職や転職を考える

結局、退職して転職することが一番現実的で早い解決法になると思います。

このままいると
クラッシャー上司に病気にさせられるかもしれません。
病気になると最悪の場合に働けなくなります。

もう少し待てば状況が変わるかもしれないと希望を持ち
クラッシャー上司の恫喝に我慢して耐え続けることは困難です。

一歩間違えるとクラッシャー上司にメンタルの病気にさせられます。
私は出勤前に急に体が動かなくなりました。

期限を決める転職を考えておきましょう。

転職サイトに登録し
自分の市場価値を調べたりすることだけでも気持ちが前向きになります。
我慢する時期を決めておけばそれだけで前向きになります。

会社でぼろ雑巾のように扱われているから自分には価値がないと思っていませんか?
そんなことは絶対にないです。
そう思わされているだけです
職場環境が変わるだけで扱いは一変します。
あなたを普通に扱ってくれる会社は必ずあります。

●登録に職務経歴書
●履歴書の作成は不要
●ミイダスコンピテンシー(行動特性)診断に答えるだけ

職務適性、パーソナリティ、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなどの診断

自分を知れば前向きになれるます。
あなたの市場価値は思っている以上に高いと分かるはず。

 

また退職する際は
クラッシャー上司に直接退職を伝えることなく
クラッシャー上司と一切言葉を交わすこともなく
会社に出勤することもなく
有給休暇や未払の残業代はきっちりともらって
退職する方法もあります。

「立つ鳥跡を濁さず」
と言いますが
クラッシャー上司で社員をつぶしても平気なゴミ会社です。
遠慮も躊躇もいりません。

東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】
タイトルとURLをコピーしました