退職を言い出せないあなたが怖い上司を無視してあっさり辞める方法

退職 言えない 怖い

「仕事を辞めたい」が上司が怖くて言い出せない

 

「仕事を辞めたいです」

「相談したいことがあるので少し時間をいただけませんか」

そんな一言が怖くて言えない。

 

良い上司がいて周囲との人間関係がよく

ただただ、あなたが気が弱くて言い出せないだけならば

「一瞬だけでも勇気を持ちましょう」というアドバイスで終わります。

 

しかし

上司が怖かったりパワハラ系の場合は別です。

辞めることを伝えたい。でもできない。

と無限ループに思考が陥って

泣き出しそうになったり

会社に行くことが大きなストレスになります。

 

上司に怒られたり恫喝されるのが目に見えているのに

わざわざ勇気を振り絞る必要はありません。

考えれば考えるほど

バカらしいです。

 

この記事のポイント
●あなたは考えなくてもよいネガティブな思考に陥っている

●「会社を辞めます」この意思を伝えた時のメリット

●上司と直接対決することなく退職を伝えて会社を辞める方法

 

退職したいと言えない言わせない上司への悩みは堂々巡りで根が深い

この章に書いてあることは、本来は悩むべきことではありません.

なぜなら

全てが

「上司に退職することを告げるのが怖い」

そこから派生している悩みだからです。

 

本来は会社を辞めるのも転職するのも自由なはずですよね。

もしかしたら

あなたが会社を辞めたいと思っている原因は

退職することですら言いたくても言えない会社の人間関係にあるのかもしれません。

 

いずれにしろ

本来ならば、退職願いを出して堂々と会社を辞めてもいいはずです。

それが出来ないがために

考えなくてもいいようなことを考え始めるネガティブなループに陥ります。

 

自分はどうしてこんなに気が弱いのだろう

・あの人は退職したいとはっきり言えるのになぜ自分は言えないのだろう。

・怖いのは一瞬だけだから勇気を振り絞って頑張ろう 。

・円満退社は無理だし、どうせ綺麗に止めることはできない。

・上司に言っても殴られたり殺されるわけではないのよから勇気をだそう。

・陰口を叩かれても2週間もすればやめていくのでもういいや。

 

などと自分を言い聞かせようとしてもほとんど無駄になりませんか?

 

風波を立てたりすることにストレスを感じる優しい性格の人は

弱い自分を責め立てたりします。

 

自分の意思や気持ちよりも周囲の人間関係を重視します。

一か月以上もこんなことに悩まされているようであれば

あなたは確実に視野狭窄に陥ってます。

 

会社を辞める手段などいくらでもあります。

度胸がある人や物怖じしない人の行動パターンに合わせる必要はありません。

 

退職したいと言ったときに上司に何を言われるか分からない恐怖

恐怖を感じている上司に対して

「上司のことは仕事もできるしとても尊敬している部分もある」

なんてことを頭の中で考えているようであれば

完全に社畜化してます。

 

ブラック企業でパワハラ上司だと

退職の話を切り出すこと自体がタブーとなっている場合もあります。

 

パワハラ上司は

退職願を出したあなたに対してボロクソに言ってくる可能性もあります。

 

仕事でミスをすると

「やる気がないならやめてしまえ」

「お前を採用したのは間違いだった」

などと平気で言うくせに

退職する話をすると

「人が足りないのに平気でお前はやめるのか」

「社会人として無責任だとは思わないか」

「今まで育ててもらった会社への恩義はないのか」

「きついことがあるとすぐに辞めるようではどこでも通用しない」

「たった1年も働けないのか」

会社によっては寿退社や親の面倒を見るための退社であっても

ボロクソに文句を言われたりすることがあります。

 

過去に、退職しようとした先輩や同僚の

そんな姿を見ているとますます言い出せなくなるでしょう。

 

パワハラ上司じゃない場合でも

「この事業が終わるまで会社にいてほしい」

「あと3年だけ頑張ってくれないか」

「あなたがいなくなればこの部署が崩壊してしまう」

「人手不足だから今は辞めないで欲しい」

温情に訴えてきたりする場合もあります。

 

あなたのことを頼りにしているように言っていますが

勇気を振り絞って退職の意思を伝えたあなたにとっては

迷惑なだけでしょう。

 

絶対に覚えておいてほしいことは

会社も上司もあなたのことなど1ミリも考えてはいません。

 

上司が考えていることは

部下が辞めると上司の査定に響く。

部下が辞めたことにより業務が立ち行かなくなった場合責任を取らされる。

要は自分の評価や保身のことしか考えていません。

 

あなたがいなくなって会社が困るのであれば

人を雇えば良いだけです。

人材確保は会社の責任です。

そもそも部下が辞めていく原因が

その上司に原因がある場合も往々にしてあります。

 

また

10年20年経って会社が不況になると

今度は会社のためと言って

容赦なくあなたを切り捨てます。

 

中年になって途中入社というマイナスポイントがあり

拾ってくれた会社に報いるために

誰よりも頑張ってきた中途入社の社員が

会社の事情によりあっさりとクビにされるのを見てきました。

残ったのは、昔からいる働かない社員達です。

使い捨ての消耗品としか見ていないのが会社であり上司ですよ。

 

今自分が辞めたら周囲の人に迷惑がかかる

日本人的であり周囲との人間関係を重視するのはとても良いことです。

会社や部署によっては周囲からのサポートもあり

あなたの能力は最大限に発揮されるでしょう。

しかし

今いる会社がそうではなかったのではないですか?

 

あなたが辞めたら仕事が回らない。

あなたが自意識過剰なだけです。

あるいはそう思わされているだけです。

 

あなたがいなくても

上司が抜けたとしても

あなたの部下が抜けたとしても

不思議なもので数ヶ月もすれば何事もなかったかのように会社は回ります。

 

今は忙しい時期だから繁忙期だから今だけは避けてくれ

などと言われることもありますが

会社の繁忙期は終わりがありません。

 

人手不足の責任もあなたが取る必要はありません。

それは会社をする運営側の問題です。

 

特にスタッフがボロボロと辞めていく会社では

一人一人に負担がかかり

申し訳ないという気持ちになりがちですが

そもそも

社員が辞めていく理由を考えない会社の怠慢です。

 

会社を退職することになると

真面目な人は周囲の態度が気になりますが

そんな時は、有給休暇を消化して

なるべく会社の人と会わないようにしましょう。

 

後任者との引き継ぎの問題や残務整理の問題もありますが

基本的にしなくても問題はありませし

しっかりとした引き継ぎをしようとすれば

周囲の目を気にする間もなく退職の日を迎えています。

 

退職する前から退職後の不安

次の仕事が決まってないようであれば相当不安になると思います。

無職ライフ、ニート生活に不安を感じるなら

計画的に再就職を決めておきましょう。

 

転職先が本当に自分に合ってるのか?

この転職は本当に正しかったのか?

と不安になることがあります。

 

はっきり言います。

新しい会社に行ってみないと分かりません。

人間関係が今の職場以上にボロボロの可能性があります。

そうなれば再度転職すればいいだけの話です。

 

上司に退職することも言い出せないのに

頭の中だけで退職後の勝手な妄想しても仕方がありません。

 

不安が増大して

今いる職場が一番いいかもしれない

と思い込もうとしたりします。

 

それで納得できるならいいですが

無理やりに自分の心を殺し納得しようとしても

「仕事を辞めたい」という思いは消えず無気力になって行くだけです。

その時はあなたではなく

上司の方からクビを言い渡されるでしょう。

冷酷でしょう。

あっさりしたものですよ。

会社や上司は。

意味不明な行動を始める

退職の話をしようと上司がいるかどうか確認をしてみたり

退職願を出そうと上司の机の上を見てみたり

仕事が終わってから上司に話そうと思い返してみたり

機嫌が悪そうだから次の機会にしよう

周囲に人がいないかどうか気になってみたり

 

こんなことを何回も繰り返している。

 

タイミングを図ろうとしていますが

掃除のおばさんが近くにいるだけで

「今日はタイミングが悪いから明日にしよう」

とすぐに決心がコロコロと変わります。

 

大切な自分の時間が失われていく

退職することを上司が怖くて言えないだけで

転職のチャンスやタイミングをどんどん失っています。

 

本当に無駄な時間です。

あまり悠長に構えないほうがいいです。

転職はいつでもできるようなものではありません。

必ず年齢やタイミングというものがあります。

 

若い時期を逃せば

自分の市場価値がどんどん下がっていき

本来に臨んだ会社に入れないということもあります。

 

あなたが怖がっている上司は

あなたの人生に責任もとらないし守ってもくれません。

 

真面目な人は

同僚が頑張ってるのに退職するのはただの甘えじゃないのか?

もっと頑張れるんじゃないのか?

と自分に問いかけ

ネガティブなループに陥りますが

「退職をする」

たったそれだけのことを

言い出す事が出来ないほどストレスを与えてくる上司がいる会社だということを

忘れないようにしてください。

 

あなたは

どうでも良いパワハラ上司のために

自分の人生を犠牲にしています。

 

あなたの時間は

こういったことに悩むための時間なのでしょうか?

 

仕事を辞める踏ん切りがあれば上司の顔色を気にする奴隷時間の終わり

数々の障壁を乗り越えて会社を退職しるとどれほど晴れ晴れするか?

考えてみてください。

 

上司に退職の意思を伝えられないだけでこれだけのような弊害があるのです。

 

怖い上司を盛り越えて退職できると晴れ晴れした気持ちになります。

今まで脳内でぐるぐる回っていたネガティブループから一瞬で解放されます。

ストレスの原因であるパワハラ上司ともう二度と顔を合わせる必要はありません。

もう嫌味や罵声を聞く必要もありません。

気持ちにも余裕ができて、気力も戻りポジティブになります。

上司の顔色を気にする奴隷としての時間は終わります。

 

会社は強制収容所や刑務所ではないのです。

 

「辞めたい」と思わされる原因は人間関係にあります。

パワハラ上司が一人いるだけで

同僚たちとの人間関係も悪くなりギクシャクして

精神的に疲れてしまいました。

 

そんな気分から全て解放されます。

 

ある男性が40歳で会社を辞めました。

頭の髪の毛も薄くなり結婚もあきらめています。

どうにか就職できた会社で平社員としてゆっくりと過ごしています。

前職では中間管理職でブラック会社の中でパワハラ上司にいじめ抜かれました。

給料は大きく減ったようですが

今の彼は「前の会社を辞めて清々している」と言い切っています。

 

上司にたった一言「会社を辞める」と言えないことで

毎日、数か月も悩んでいるなら

どうすべきか真剣に考える時期が来ています。

 

そんな悩みがバカバカしいことであることは、あなた自身がよく分かっているはずです。

 

「会社を辞めます」

その一言を簡単に言えるような会社であり上司なら

ここまで悩んでいないでしょうし

もしかしたら会社を辞めようとは思わないかもしれません。

 

怖い上司に退職の希望を言わなくてよい方法を探しましょう。

退職問題を一気に解決する方法は第3者に頼むことです。

やはり勇気を振り絞って上司に伝えるべきなのか…?

ここまで来ても悩むのは辞めましょう。

あなたは直接怖い上司に退職することを伝えることができません。

 

別に勇気を振り絞って言うことでもありません。

 

会社の総務課人事課などの伝える

会社の中だけで上手く処理したいなら総務課や人事課に相談してみる方法があります。

あなたの直属上司よりさらに上の立場の方に伝えてみるのも一つの手段です。

大きな会社ならカウンセラーに話をすることも可能です。

 

しかしデメリットもあります。

 

総務課や人事課を介する場合は、必ず直属の上司に話が伝わります。

特に上司との人間関係をオブラートに包んでまま退職できることは期待しないことです。

はっきりとした理由を言わずに退職を申し出ると

必ず直属のパワハラ上司が出てきます。

そうなると直属の上司と話をすることと変わりがありません。

 

器の小さい上司だと

「密告された」「なぜ俺に直接報告しない」

とあなたに対する接し方が悪い方向に激変する可能性があります。

私は仕返しをされて病気になりました。

 

上司の上司に報告する方法

納得してくれれば一気に退職できますが

一歩間違うと総務課や人事課に話をするより厳しい状況になります。

 

パワハラ上司は上司の上司に呼び出され報告を求められるからです。

仮に希望がかなって退職の運びになっても

3か月後とかならどうしますか?

その間、パワハラ上司や同僚と席を同じにする勇気はありますか?

 

カウンセラーも同じです。

私は社内のカウンセラーに頼ったことがありますがカウンセラーも所詮は社員です。

嫌なことを上司に伝えてくれることはありませんでした。

 

「カウンセラーってなんの役に立つの?」とみんなに失笑されていました。

 

労働基準局に相談する。

担当者次第だと思います。

さすがに労働基準局から連絡があると会社は対応します。

社内の各課に相談するよりリスクが少ないと思います。

相談だけでもしてみるのもよいでしょう。

 

ただし労基は明確に法律違反で証拠がなければ動かない可能性もあります。

また当事者本人でないと受け付けつけてくれません。

 

退職代行に依頼する

「会社を辞めさせない」というのは法律違反になるので

ほぼ確実に辞めることができます。

 

ただし依頼する退職代行サービスには注意するポイントがあります。

会社との交渉をやってくれるのかどうか?

会社と交渉する権利をもっているのは基本的に弁護士だけです。

会社との交渉権をもたない一般の人でも

退職代行サービスを名乗り会社側にあなたの退職の意図を伝えることはできますが

会社と交渉することはできません。

交渉権をもたない退職代行会社は会社側との条件交渉はできないのです。

 

交渉になるとあなたが会社に出ていって話をする必要があるのです。

もう二度と会いたくない上司や同僚と何回も話す必要がでてきます。

 

必ず交渉権を持つ退職代行サービスに依頼しましょう。

しっかりとした退職代行に依頼すれば

有給の取得、残業代の回収、引継ぎなしで退職できます。

会社との文書のやり取りだけで会社と電話ですら必要がありません。

 

東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】

 

「仕事を辞めたい」が上司が怖くて言い出せない まとめ

退職を決意したなら

もう無駄なことに悩むのは辞めましょう。

 

気が弱い自分自身が嫌だ!

今日こそは上司にはっきりと言おう!

どうしたら会社を辞めれるの!

 

上司が怖いので「退職したい」と言えない。

そこから多くの悩みが発生します。

たったそれだけです。

 

数か月の悩んでいるなら十分に悩みましたよね。

別の手段を考える時期に来ています。

 

労基に相談してみましょう。

退職代行サービスに連絡してみましょう。

前向きな話が聞ければ未来が明るくなります。

 

東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】

 

タイトルとURLをコピーしました