会社を3日連続でズル休みしたときの心の整理方法【ズル休みで罪悪感を感じる超真面目な人向け】

●仮病で3日連続で欠勤してしまいました。罪悪感でいっぱいです。
●急に無気力になり会社をズル休みしてしまいました。
●4日連続(合計6日)仮病で会社をズル休みしました。もう会社に行きたくありません。

あなたは真面目で人がよすぎます。
「仮病でズル休み」なんてみんなやっています。

あなただけでなく周囲のみんなもやっています。
ちなみに管理職の人もやっています。
サラリーマンに仮病とズル休みはつきものです。
嫌なことを我慢しながらやっているのだから当然です。

ズル休みしたことに悩む必要は全くありません。
ズル休みしたときの心の動きに注意しましょう。
あなたがズル休みしたと思い込んでいても
実は心のSOSの場合もあります。

この記事では3つのズル休みのパターンで気持ちの整理方法を紹介しています
なんにしろ無理して会社に行く必要はありませんよ。

●出社が怖いだけならズル休みは心のカンフル剤
●真面目で一生懸命に頑張る性格でも平気でズル休みできるようになる
●ズル休みが「会社辞めたい」ならば注意が必要

 

会社をズル休みしすぎて気まずいけど出社できる【ズル休みでリフレッシュ】

初めてズル休みをしたときは心臓がドキドキして
上司に電話するときには手が震えていました。

ズル休みしたことをあなた自身は知っている。
だから次に出勤するときには必要以上に緊張してしまいます。
でも出勤できます。

そのときは申し訳なさそうに出勤してください。
ホワイト会社ならば
出社しづらいだけで出社してしまえば元のように業務が始まります。
何事もなかったように始まります。

言い訳を考える必要はありません
上司に理由は伝えているはずです。
「風邪」「発熱」「インフル」などなど。

周囲の視線もあまり気にする必要はありません。
2割の人は本気であなたを心配してくれます
2割の人はあなたに文句を言ってくるかもしれません。
残りの6割の人はほとんど無関心です。

陰口は言われているかもしれませが気にしなくても問題ないでしょう。
逆に「大丈夫かな?」と心配してくれて驚きます。

私は土日を含めて6連休にしたことがあり出社のときには構えていましたが
逆に心配され申し訳なく感じました。

ホワイト企業では休んだ人に陰口を言う人を見たことがありません。
逆にブラック企業では休んだ人は罪人扱いです。
こんな現実だけでブラック企業なんかいるべきではないことが分かります。

ブラック企業でパワハラ上司に
「風邪ぐらいで休むな!ボケッ!」と言われたり
「十分休んだのだから頑張れるよな!」なと恫喝されみんなの前でさらし者にされます。
お局様あたりからはネチネチ言われたりもします。

ズル休みの後の出社は文句を言われるかもしれないと気になりますが
残念ながら文句や小言を言わせないようにすることはできません。
どんな理由であろうとも因縁はつけることができます。
言うヤツは言います。

100%ロクなヤツではありません。

ブラック企業ではパワハラ上司が怖くてほとんど休みが取れませんでしたが
ホワイト会社に転職してからはズル休みも結構できます。

サラリーマンなんてストレスの塊です。
「今日会社行きたくない」と思うのは当たり前です。
「どうやって会社を休むか」ばかりを考えています。

ズル休み明けの出勤で気まずくなるのはあなたの思い込みであり
罪悪感から必要以上に申し訳なく感じる必要はありません。

強者はその年に3回くらい親戚の葬儀だと言い切りました。
(「葬儀」という理由はバレる可能性が高いのでお勧めしません)

真面目にやっているとガス切れは必ず起きます。
誰でもズル休みはするものです。

とはいえ
ズル休みできる環境では、有給休暇や業務の予定や進捗を冷静に考えています。

出社が怖くなり不安になるのは分かりますがあまり心配する必要はありません
ただしホワイト企業に限ります。
ブラック企業ではサボりどころか有給ですらなかなか取れないです。

何か聞かれたら矛盾のない説明をできるようにしておきましょう。
部屋から一歩も出なければ問題ありませんが
外に出ている姿を見られたなら「生活必需品を買いに行った」と言い訳しましょう。

真面目な性格なあなたが割り切れてズル休みできる【「まっいいか」と思える】

真面目で一生懸命に頑張る性格でも平気でズル休みできるようになります。

バリバリ仕事をしていたが月曜日の朝になると突然ズル休みをしてしまう
これは

心の電池が充電されていない状態です。
真面目で意識だけは前を向いているのに肝心の気持ちがついていっていません
少し充電しては頑張り
電池が空になるとズル休みをしてしまうパターンです。

真面目で完璧主義な人は何でもかんでも頑張ってしまいます。
ずっとフルスロットルです。
そんな状態では体も心も持ちません。

「こんな程度で限界ではない」
「自分はなんて情けないのだ」と自分自身に言い聞かせても心は正直です。

考え方を変えましょう。
仕事には捨て試合もあるのです。
特にサラリーマンはそうです。

ズル休みは
あなた自身の責任感のなさや心の弱さが原因ではありません。
真面目な人は、あまり思いつめないことが大切です。

真面目な人はズル休みを取ることに罪悪感を感じズル休みを楽しむこともできません。
休んだことに対する罪悪感から
周囲の目が気になり言い訳を考え始めます。

給料なんていくら頑張っても大きく変わりません。
特に20代のではスペシャルな特技がないとほとんど変わらないでしょう。

「まあいいか」と割り切ることが重要です。
「まああいいか」と自分に納得できると周囲の目も気にならなくなります。
最初はビクビクのヘタレな私でも2年もすると会社を休むことに慣れてきました。
罪悪感も全く感じなくなります。

「まあいいか」とズル休みできるメンタルとポジションがサラリーマンでベストな状態です。
会社での環境も人間関係も仕事の意内容もある程度整っていないとできませんからね。

毎日が嫌で我慢できずズル休みしてもリフレッシュできないのは危険信号

出社が一時的なモノでなく我慢できないほど嫌でズル休みをしてしまう場合には注意が必要です。
頑張ろうと思っても朝になると「もう無理!」となるパターンです。

頑張ろうと低下したモチベーションを上げようとしても
マイナスに突き抜けたモチベーションは上がるものではありません。

経験した人は分かると思いますが本当に上がらないのです。
無気力になっていいます。

とりあえず出勤だけはしよう。
とりあえず会社の扉の前までは行こう。
出社してダメなら昼から早退しよう。
などといろいろ条件を付けて頑張ろうとしますができないのです。

あなたの限界が近づいているのかもしれません。

その結果ズル休みをしてしまっている可能性があります。
毎日が嫌で嫌でたまらなくなります。

職場環境が悪いと一気にメンタルの病気になる可能性あり

 

●人間関係が悪い
上司がパワハラ系やサイコパス系だと部下も仲が悪くなり部署全体が暗くなります
一緒に仕事したくない人が一人いるだけで職場に行きたくなくなります。
●労働時間が長い
毎日2時間の残業なんて異常です。しばらく終電の日々が続いたこともありました。サービス残業なんて論外です。
●仕事が合っていない
対人関係が苦手な人が人相手の仕事をすると普通の人の10倍ストレスがかかります
●給料が安い
手取り13万・・・・やる気も何も起きません。

こういった職場環境では一気に病気になる可能性があるので「ズル休み」と軽く考えないことが重要です。

出社が嫌でどうしても我慢できないときの対策

信頼できて話しやすい上司に相談

信頼できて話しやすい上司に話をしてみることです。
部署異動してくれるかもしれません。
信頼できて話しやすい上司がいないと詰みます。

パワハラ上司に相談なんて絶対にできませんでした。

仕事に手を抜く

与えられた仕事を全て全力でするのは真面目な人の悪い癖です。
真面目なんて100害あって1利なしです。

当たり前ですが全ての業務を完璧にこなす能力は私にはありませんでした。
しかし、なぜか真面目な人は完璧を前提に業務をします。
当然できませんよね。

ある時期、馬鹿らしくなって少しづつ仕事の手を抜くことを覚えていきました。
最初は不安ですが慣れてくると平気で手を抜くようになります。
手を抜きすぎて怒られることもあるかもしれませんが
「すいません」としおらしいい顔していればよいのです。

心のバランスはあなたしか分かりません。

自分を保ちながら仕事をするあなたは絶対に正義です。

転職先を探す

必ずしも転職する必要はありません。
転職先を探す途中でいろいろな発見があるでしょう

「今の会社は結構ホワイトだが今の部署が合っていないだけ」
と分かってくるのも比較の対象があってです。
いざとなれば
「自分は転職できる」「自分には価値がある」
と思えると心も軽くなります
ネットで自分の価値を知るだけでも気持ちが前向きになります。

私のときは、上司にとてもじゃないが退職を切り出せる雰囲気ではなかったので
退職代行まで調べました。
転職先よりも簡単に一瞬で退職できる喜びのほうが嬉しかったです。

 

仕事は仕事と割り切って考える

仕事は人生の半分を占めると言われています。
その仕事に少しでも充実感を感じることができないのは寂しいものですが
仕事を仕事と割り切っている人は結構たくさんいます。

サラリーマンって本当に苦行です。
だからといってすぐには手放せないでしょう
割りきる努力をしてみましょう。

必ずしも仕事にやりがいを見つけ出す必要はありません。

心療内科(メンタルケアクリニック)を受診

出勤途中に涙が出てくるといった体に何かしらの症状が出ているなら心療内科を受診すべきです。
無気力になることはありますが、時間がたつと回復します。
回復しないということは病気の可能性が高いです。

メンタルの病気は1度なってしまうと後の人生を大きく変えることになります。
早めに受診しましょう。

「ズル休み」してしまいました まとめ

無理して会社に行く必要はないと思います。

「ズル休み」なんて言ってもただの有給休暇の消化と変わりありません。
「ズル休み」を平気でできるバッファがない会社は社員のやる気ですらなくします。

特に真面目な人には言いたいです。
ズル休みとは普通の休み以上に楽しむものです。
ズル休みをして「職場の仲間に迷惑をかけた」と罪悪感を膨らませ休みを楽しめないのは本末転倒です。

知らず知らずにストレスが蓄積されている可能性があるので
心の声には素直に耳を傾けましょう。
決して「ヘタレ」でも「根性なし」でも「精神が弱い」わけでもありません。
慣れると平気でズル休みができるようになります。

タイトルとURLをコピーしました