【退職=裏切りと怒られる】会社を退職し辞めるとき裏切り者扱いされない最強の方法

仕事を辞める のは裏切り

・会社を辞めるときに裏切者扱いされるのが怖い
・パワハラ上司から何を言われるか分からない
・先輩が退職するときに裏切者扱いされているのを見た

まずは
会社の上司や同僚から
「よく頑張ってくれた」
「新天地でも頑張ってくれ」
「ありがとう」
と拍手で送りだしてくれる
などという
ありもしない妄想は捨ててしまいましょう。

とはいっても
新卒で入社した会社だったり
20代の若者で初めての退職の場合は
特に不安になります。
退職を言い出した時の周囲の対応に恐怖に感じることもあります。

初めての退職だったりすると退職する会社のことなんか気にしなくて良い
と言っても
どうしても気になってしまいます。

一度でも理不尽な理由でリストラされると会社に恨みをもち全く期待しなくなるのだが
そこまでの経験はないはずです。

退職するあなたに最も必要なものが何かを考えてみましょう?
あなたが退職する時に必要なことは
あなたが上司や同僚から直接「裏切り者」と言われないようにすることではありません。
あなたたがいない場所で何を言われようと関係なし。
あなたが直接「裏切者」と聞かされることなく退職できることのはずです。

【円満退職】なんて三つの場合しかない

・会社の人員削減のリストラにあなたが応じた時
この場合は会社は喜んであなたを退職させてくれるでしょう。

・想像以上に使えない社員で存在するだけで迷惑と常々思われている場合
逆に言わせるとあなたが会社を退職する際に
「裏切り者」と言われるようなことがあるならば
何かしらの役に立っています。
雑用かもしれないし
毎日怒られ役のスケープゴートかもしれませんが
誰かの役には立っています。

・一生に一度の奇跡に恵まれ上司や同僚から文句言われなかった場合
一生に一度起こるか起こらないから奇跡です。
私は数回会社を退職し転職しましたが
私も含め退職していった人に多かれ少なかれ文句を言わなかった会社はありません。
表面上は何も言わなかったとしても
本人がいない場所では「裏切り者」「逃げやがって」
と必ず言われています。

理解しておくことは
この3パターンにあなたの努力は1ミリもないということです。
円満退職できる場合は、全て会社都合でしかありません。
円満退職はないと覚悟決めましょう。

退職を決意し裏切り者扱いされた時ときに聞かされる文句

あらかじめどんなことを言われるか予測しておきましょう。
受け止める時の衝撃が大きく減ります。

「ここで出来なければどこに行っても通用しない」
「恩を仇で返しやがって」
「裏切り者」
「何のために今までお前を育ててきたと思ってるんだ」
「 お前にかけてきた費用を全額返せ」
「顔見たらむかつく」
「何一つ仕事してこなかったね」
「こんな時にやめやがって」
「お前の代わりは誰が仕事するんだよ」

これらは黙って聞き流しましょう。
どうせ長い付き合いではありません。
・・・
でもなかなかできませんよね

人手不足の会社だと
当然のことながら他の社員に負担かかります。
恨まれ裏切り者扱いされます。
そもそも人手不足なのは会社側の責任ですが
残る社員上司や会社に文句は言いません。

パワハラ上司が毎日怒鳴るような部署だと
あなたがいなくなることによって
仕事の負担が増えるだけでなく
パワハラ上司に怒鳴られる回数が増えることになります。
一番下のあなたがいなくなると
残った中で一番下の同僚がターゲットになる可能性が高いです。
その社員はあなたの退職を快く思いませんよね。
そんな会社はあなたと同じように辞めてしまえばいいのですが
なかなか決断できない人は多くいます。

退職までの間
あなたはパワハラ上司やクラッシャー上司に目の敵にされるかもしれません。
あなたを見せしめにすることにより
連鎖的に退職しようとする人を防ごうとします

そもそもパワハラ上司がいなくなればいいんですが
会社側は対応してくれません。

転職や退職を取りやめて残留すると必ず後悔する

自身の保身のためにあなたを説得し引き留めようとする場合があります。
絶対の鉄則です。
会社や上司はあなたのために動かない

給料アップを条件にしたり
業務量減らして待遇改善を言ってきたりしますが
上司は自分自身の保身のために引き止めてるだけです。

部署が回らなくなり評価を落とすことになるのは上司ですからね。
何よりあなたは一度会社を裏切ろうとした人物に見られています。

「会社のために」と言われ今の会社に残ることを決意しても
いずれ態度を変えてきます。
「裏切者」というレッテルとともにです。

人情紙のごとしです。

「あの時会社を辞めるべきだった」
という後悔を多くの社員が経験しています

無理難題の引き継ぎで裏切者には容赦なし

あなたの退職の意思が固いと分かると
裏切者には容赦しません。
無理難題やできないことばかり要求してくることもあります。

飛ぶ鳥跡を濁さず。
退職する時に迷惑をかけてはいけない。
などと自分を追い込んでは絶対ダメです。
まして周囲の人たちの理解を得ようと努力するのは
時間の無駄だと心得ておきましょう。

あなたを裏切り者にして
心の平穏を得ようとする輩は
あなたの事を良いように言うはずがないのです。

勤務先の了承をもらわないと2週間後に退職できない。
などと知ったかぶりをする上司がいますが
退職届を出して2週間も一方的に仕事を止めることはできます。
注意してください。

会社があなたに何をしたかブラック企業は裏切られて当然だ

・残業代を全部支払ってくれましたか
・毎日定時に帰れましたか 毎日終電で奴隷扱いではなかったですか
・パワハラ上司の道や罵声を浴びせられませんでしたか
・団結会と称して飲み会や会社行事への強制参加
・有給休暇を申請すると却下されませんでしたか
・いつまでたっても正社員になれない
ブラック企業でよくあることです。

会社側があなたに要求しているのは
安い給料で文句言わず働くだけの奴隷になれ
機嫌が悪い上司のガス抜き奴隷になれ
いちいち権利を要求しない奴隷社員になれ

不愉快極まりないです 。
会社はあなたは何度も裏切っているのに
あなたの裏切りは許さない
昔やブラック企業を辞めることに恐怖を感じていました。
同時に
ブラック企業のくせして社員の退職にいちゃもんつけるんじゃね
と心の中だけで叫んでる時期がありました。

退職を伝えた後にできるだけ気まずい雰囲気をなくす方法

仕事を辞めると会社側に伝えると
上司や同僚の態度が豹変して冷たくなることがあります。

退職までの居心地の悪さや
上司や同僚からの非難を
自分に与えられた試練だと思い
退職までの期間を
じっと我慢して乗り越えるつもりなら
少しでも居心地の悪さや裏切り者扱いを少なくする努力をしましょう。

●残業代や有給化をあきらめて会社に尽くす。

上司や同僚から何を言われても黙って笑顔で黙々と最後の日まで仕事をこなす。

ただし
あなたに対する不満や文句がいるかどうかは相手次第です。
調子に乗って必要以上に要求してくる上司や同僚にいます。

そんな努力をしようとした時期もありました
「バカくせー」と早々に諦めた経験があります。

相手の人情や同情に頼りすぎるのは
相手の要求を過大にするだけです。

気持ちよく退職させてくれるなら残業代や有給休暇は必要ないと考えていた時期もありますが今はバカなことをしたと考えています。

●退職の理由は「一身上の都合」か「実家に帰る」

口が裂けても転職先は内緒で通すこと。

「次の仕事はどうするの」としつこいぐらいに聞かれますが
「実家に帰って家の手伝いをします」
で必ず押し通すこと。

不安感を出して相手に優越感を味わしていた方が
退職していくあなたに対する不満が減ります。

仲間が欲しいからと言って本当のことを話してはいけません。
退職するあなたに仲間なんかいません。
あなたが話した内容は、5分後には他の誰かが知ることになります。

転職先がホワイトであればあるほど
嫉妬まで入混じりあなたに対する圧力が強くなります

我慢できる居心地の悪さならよいですが
どこかの時点で裏切者のレッテルを張られることもあります。

周囲の人はそれを狙っていますから。

●退職の話をする時は必ずボイスレコーダーを準備しておくこと

上司は退職日やが引き継ぎについて
「聞いてません」と逃げる場合があります。

上司に話をしても人事部が全く知らないことがありました。

退職届を願い出たら上司や先輩同僚の言動を
しっかりとボイスレコーダーで録音しておきましょう。

退職代行サービスを使えばあっさりと退職できるので
こんな作戦も不必要ですが
あまりにひどい場合は、労働基準監督署に届け出ることも可能になります。

退職代行を使えば裏切り者扱いは関係なくなる

自分に与えられた試練だと思い
退職までの期間を
じっと我慢して乗り越えることも一つの手段ですが
パワハラ上司や同僚からの非難に耐えきれないときは
アプローチのやり方を変えた方が楽

とても終わらないような仕事量要求されたり
いじめられたり
が積もり重なると
我慢することがアホらしくなります。
周囲が全部て敵になるときです。

文句を聞くのが辛かったりアホらしく思えたとき
周囲の同僚が仲間と思えなくなったとき
なし崩し的に退職を思いとどまらせようとしてきたとき
退職代行を使ってすっきりと辞めるほうが賢明です。

会社から裏切者扱いされようが
あなたの耳に「裏切り者」の声が入らなければよいだけです。

あなたが気にしているのはなんですか?

あなたの耳に「裏切者」という不愉快な言葉を聞きたくない。
パワハラ上司や同僚に視界に入ってほしくないだけでしょう。

退職代行を使うと更に白い目で見られますが関係ありません。
もう出社しなくてよいのですからね。

あなたが本当にしなければならないことは
退職代行を始めて使うというハードルを越えるだけです。
退職するまであなたを敵視する会社でずっと我慢する必要など全くない。

「退職します」と言うのでさえ辛いと思わせる会社ですよ。

退職代行を始めて使うという気持ちのハードルを越えるだけで
「こんなに簡単に会社を退職できるのか!」
「今まで裏切り者と非難の的になっていたのは何だったのか!」
「ブラック企業に対する退職など退職代行で十分」
となります。

東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】
タイトルとURLをコピーしました