月曜日の仕事が怖いと感じる気持ちを80%楽にする方法

月曜日 仕事 行きたくない

月曜日がキツイ。月曜日の朝は憂鬱で休みたくなる。
●会社に行くのが怖い どうしたら気持ちが落ち着くのでしょうか?

 

私の経験では100%気持ちを落ち着かす方法はありません。

 

人間関係が良好で仕事に大きなストレスがない職場であれば

俗にいうブルーマンデー(月曜症候群)やサザエさん症候群程度のことは

仕事を無理にでも始めてしまえばいつの間にか忘れています。

 

それでも

月曜日になると「仕事に行くのは嫌だ」という小さなストレスは決してなくなることはありません。

仕事に対する嫌悪感がなくならないものなら少しでも誤魔化しましょう。

 

私の経験上から効果があった方法を紹介しますが

どんな状況でもハッピーな気分で月曜から仕事に行けるような方法はありません。

また、どんな方法を使っても

モンスター上司、パワハラ上司、クラッシャー上司にメンタル崩壊に追い込まれました。

 

「月曜日に出勤するのは嫌だ」という小さなストレスを維持できるようであれば問題ありません。

しかし

少しのストレスが蓄積して感情のコントロールができなくなる可能性があることを覚えておきましょう。

 

特に、実際に起こっていないことを不安に思い込むような性格の人

頭の中をドロドロしたネガティブな感情がひっきりなしに襲ってきて

メンタルが疲弊します。

 

この記事のポイント
【月曜日が怖い気持ちを少しでも軽くする方法】

を紹介しています。

月曜日に会社を休みたくなる理由

仕事や職場があなたに合っていないからです。

さすがにどんな仕事でもストレスがゼロになることはありませんが

月曜日に仕事に行くことにほとんどストレスを感じない人はいます。

・人間関係でも摩擦がほとんどない

・仕事が得意な業務でほとんどストレスなくこなすことができる

・給料や出勤などもある程度満足している

フリーランスに近い形で仕事をしていますがサラリーマンです。

そんな知人が身近にもいます。羨ましい限りです。

 

これらがひとつでも満足できない環境だと大きなストレスになります。

 

・月曜に休みモードから仕事モードへ切り替えるのがしんどい

・体内時計のズレを修正するのが大変

といった程度のことは

無理矢理にでも仕事をやれば徐々に解消するものです。

 

性格的にも能力的にも

あなたに合っていない職場の場合はストレスが一気に上がる可能性があります。

新入社員なら上司が仕事を丁寧に教えてくれないだけで

大きなストレスになるのです。

明らかな症状が出ているときは心療内科などの病院で診察を受けましょう。

・月曜日に仕事に行くのが怖い。胸が苦しくなり恐怖感で動けない。

・月曜日が怖い布団から出れない。

・月曜日からのことを想像すると恐怖が頭から離れなくなり起きれない。涙が出る。

・会社が近くなると涙が出て吐き気が止まらなくなったり過呼吸になったりしたら

こうなるともうレッドゾーンに踏み込んでいます。

 

診療内科に行って医者の診断を受けましょう。

適応障害や鬱になったら直すのに数年かかる場合もあります。

薬が手放せない体になる可能性もあります。

放っておいたらダメですよ。

月曜日に仕事に行けないと感じたときのメンタルリフレッシュ方法

 

「月曜日に仕事のことを考えて憂うつになることは普通のこと」

と単純に考えるのではなく心のバロメーターと考えましょう。

自分の気持ちの尺度やレベルを考えながら乗り切る方法を考えていくのです。

 

月曜日がつらい、月曜日が嫌という気持ちは一つの兆候です。

 

しかしその気持ちに無理やりに対処していこうとすることは

病気で言うと高血圧を薬で治そうとするのと同じです。

 

1日30分だけ歩き根本的に薬のいらない体を作る

といった根本的な対処法とは違いますが

自分を誤魔化しながら仕事ができるのなら

場当たり的な対処療法も必要です

 

日曜日に「サザエさん」を見ない。お笑い番組やyoutubeのみ

「笑点」や「サザエさん」を見ると

条件反射的に月曜日からの仕事が嫌になります

笑える番組に出会うとストレス発散になります。

付け焼刃と分かっていても積極的に笑える番組を探しましょう。

外に出て散歩や日光浴をする

日曜日に嫌な気持ちが増えてきたら散歩と合わせて日光欲をしましょう。

体を動かし日光を浴びることで気分がリフレッシュされます。

 

ジョギングなどの少しきつい運動をすると一瞬だけでも嫌なことを忘れることができます。

呼吸法や瞑想で気持ちを落ち着かせリラックスする

深呼吸や瞑想をしてみましょう。

ゆっくり息を吸いゆっくり息を吐く。

息をする鼻とおなかに意識を集中させる。

最初はそれだけで十分です。

 

瞑想や呼吸法は

緊張や不安を和らげる効果もありますが頭に浮かんでいるネガティブなイメージを冷静に見れるようになります。

落ち着いたら何に不安を感じているか分析してみましょう。

月曜日が嫌なのでしょうか?

仕事の内容が嫌なのでしょか?

仕事の内容のどの部分がいやなのでしょうか?

仕事で嫌な上司や同僚と会うのが嫌なのではないでしょうか?

 

自分自身との対話をすることにより乗り越える部分が見えてきます。

「この部分だけ」「この一瞬だけ」と言い聞かせることも可能になってきます。

 

なにより月曜日はまだ来ていません。

いま目の目にある恐怖ではないことを認識してください。

呼吸法の呼吸に集中しましょう。

嫌な気持ちをノートに書きだしてみる

ストレス発散とばかりにただ乱雑に書き出すのもありですが

それだけではなく「これからどうなりたい」も合わせて書いていきましょう。

 

今まで何回もブルーマンデーと戦ってきたときのことを思い出しましょう。

「わたしって結構頑張ってる。頑張れる」と前向きな気持ちになります。

何より書くことに集中しましょう。

明日の恐怖は今目の前で起こっていることではないと理解できるでしょう。

あなたは結構頑張っているはずです。

月曜日に出勤が嫌でズル休みやサボり休暇を取るのは正義

月曜日になると会社の嫌なヤツが思い出されてサボり休暇を取りたくなります。

実際にはパワハラ上司が怖くて休暇を取れないかもしれません。

無理をする必要はありませんが

サボり休暇がとれる環境ならばたまには休んでみましょう。

 

「月曜日に急に休んだら上司や同僚になんと思われるだろう」

ということは気にしなくていいです。

世の中のサラリーマンはみんなやっています。

限界かなと感じたら休みましょう。

 

「月曜日に急にやすんで何考えているの」

「月曜日になると休む人が理解できない」

「なんで彼は月に1度は月曜になると休むんだ」

と喚く社員はいますが社員の有給休暇は権利です。

 

「回りに迷惑をかけたらダメ」

と真剣に考えていた頃は無理やりにでも体を動かしていましたが

多くの人が結構ズル休みしていますよ。

あなたのリズム、あなたのペースが一番重要です。

そんなことを繰り返しながら

誤魔化しながら仕事を続けていくのはとても重要です。

 

ブラック企業で朝から晩まで仕事

パワハラ上司のバカなお説教を数年間我慢した結果が休職

そして退職

そんな経験を持っている私のような人は

会社や仕事に対して給料以外のなにも感じなくなります。

 

居直りましょう。

月曜日に休暇を取って怒られても

あなたの価値ある人生は終わったりしません。

転職サイトで新しい可能性を検索すだけで気分はリフレッシュ

実際に転職しなくても転職サイトで仕事を探したり確認することはストレス発散に効果的です。

一度社会人として働き

会社というものを理解できると

転職サイトで検索する内容が学生時代とは一変します。

そんな自分に笑ってしまいました。

 

私の場合は

「なるべく人間関係が少なそうなところ」を基準に調べました。

給料は二の次、三の次でしたね。

 

検索することによって

「今の会社を辞めてこの仕事をするぞ」

「辞めても次の仕事はあるんだ」

「こんな会社辞めてやる」

と思えると月曜日もすこしだけ楽くになります。

通勤電車の中でも当たりをつけた転職先ばかり検索していました。

 

憂うつな気持ちを超えて

・もう気持ちが持たない

・ココロが悲鳴を上げている

・心がSOSを発している

ならば

思い切って転職するのもありです。

月曜日に心や体が悲鳴をあげなくてもよいあなたに適した仕事があります。

健康を壊してまで仕事するのは明らかに間違っています。

性格的にも能力的にも自分を超えたことは長続きしません。

 

実際に転職するを躊躇していても「いつでもやめられる」安心感があれば

月曜日に出勤することやクソ会社、クソ上司のこともあまり深刻にならずに済むのではないでしょうか?

 

↓あなたの市場価値を確認してみましょう↓

会社でぼろ雑巾のように扱われているから自分には価値がないと思っていませんか?
そんなことは絶対にないです。
そう思わされているだけです
職場環境が変わるだけで扱いは一変します。
あなたを普通に扱ってくれる会社は必ずあります。

●登録に職務経歴書
●履歴書の作成は不要
●ミイダスコンピテンシー(行動特性)診断に答えるだけ

職務適性、パーソナリティ、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなどの診断

自分を知れば前向きになれるます。
あなたの市場価値は思っている以上に高いと分かるはず。

転職先と退職代行サービスを知れば最高のリフレッシュ

転職サイトを見ていると少し気分が晴れます。

「会社を辞めよう」という気持ちが明確になってきて

本格的に転職を考え始めると必ず退職のことを考え始めます。

 

その時は会社に未練も愛着もないはずです。

あなたを苦しめ抜いた会社です。

所詮給料だけの関係です。

そう思えるなら

退職代行サービスも確認しておきましょう

 

退職の時まで会社や上司に苦しめられる必要はありません。

嫌な上司と顔を合わせる必要もないし会社に出社する必要もありません。

交渉権を持つ退職代行業者に依頼すれば有給休暇や残業代を請求することも代わりにしてくれます。

「えっ!わたしが嫌な上司と面と向かって話す必要が全くない」

面倒くさい交渉を全て任せることができると分かると

気持ちが少し軽くなり大きな期待が持てるはずです。

東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】
タイトルとURLをコピーしました