営業ノルマ未達成でパワハラ上司に詰められるのが怖いので退職したいを実現する唯一の方法

ノルマ達成 できない 退職

営業に不向きな人は本当に不向き。

総務部として採用されたのに人がいないから営業に回された。

 

映画になった「ちょっと今から仕事やめてくる」 の主人公が

上司の前で土下座して詫びを入れているのがオーバーラップする。

 

もう会社を辞めようと決意しても

毎日毎日怒鳴られてる上司に

「会社辞めます」の一言がどうしても言い出せない

 

会社を辞めてノルマ地獄から解放される方法はないか?

毎日考えています。

 

営業に向き不向きは確実にあります。

自分の人生に未来なんか全く見えなくなる。

無理な営業を続けていると心が病気になります。

 

あなたが会社を退職する決意を固めているなら

退職代行サービスを利用して

パワハラ上司を相手にすることなく会社を退職することをお勧めします。

東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】今すぐ無料相談!悩んでいるその時間で退職できます。

 

少しでも余裕があるなら

次の転職先を決めておくことお勧めします。

気持ちが安心します。

 

理不尽なノルマは激詰めされてあなたが死んでもなくならない

ノルマは 会社の意思であり経営者の考えそのものです。

あなたの直属の上司も会社の上層部からノルマ地獄にされています。

 

無謀なノルマは

あなたが期待を持って入社した会社の幻影も1発で打ち砕きます。

 

鬼の形相で怒鳴り散らしながら上司からの厳しい追及

「お客が来たのにすぐに売り込みにいかなかったのか?」

「ノルマが達成できてないのに土日休んで平気なの?」

「頑張ってる職場の皆に申し訳ないと思わないのか?」

「売れてもいないのによく帰ってこれたね」

「お前向いてないから辞めろ」

「給料泥棒か!」

恫喝やののしりで社員をイジメぬきます。

 

体が震える社員

その場で泣き出す社員もいます。

 

周りの皆は上司に怒られたくない一心で無理な営業をします

同僚でお客を奪い合うようになったりすることもあります。

お互いに足を引っ張り合い人間関係はボロボロです。

 

かんぽ生命保険の不適切な販売

異常なノルマと

それを達成するための上司からのパワハラ

それを黙認する郵便局長

によって生まれました。

 

とある住宅販売の会社では

上司からの執拗なパワハラに耐えかねて

無理のある契約ばかりして無理矢理に営業成績をあげていました

サラ金から借金したりお金を顧客から盗んだりして補填していました。

そして最後にはメンタルがおかしくなり

暴力事案を起こして破滅

その住宅会社はなにも責任をとりません。

 

ニュースになったこんな事案は氷山の一角であり

ノルマ地獄を社員に突きつける会社はごまんとあります。

 

あなたが病気になって会社が面倒を見てくれると思いますか?

あなたが自殺してもなにも感じません。

 

無理なノルマを与える経営者は、社員のことなど考えていません。

社員の幸せなんか1ミリも考えていません。

あなたのことを所有物くらいにしか考えていません。

 

病気になったりすると「ポイッ」と捨てるくせに

所有物が退職するとなると

烈火のごとく怒鳴り散らしたり

他の社員の前で見せしめにしたりします。

 

そして

社会問題になるまで放置です。

 

私は上司の前で泣いたときがありました。

しかし上司はその手を緩めることはありませんでした。

 

ノルマを達成できない社員を

罵倒したり怒鳴ったりしてもノルマが達成できるわけではありません。

「一緒に盛り上げていこう」

と少しでも考えている上司がそんなことするでしょうか?

 

そんなことは誰でもわかるでしょう

上司はあなたをイジメることが楽しくてしかたないのです。

 

あなたは

誰かが死んで過剰ノルマが社会問題になるまで耐えることができますか?

と問われています。

 

理不尽で無謀なノルマに耐えれるのは1種類の人間だけ

 

ノルマ地獄に耐えれる人は経験上1種類だけです。

 

顧客が犠牲になっても何も感じないサイコパス野郎

 

感受性が豊かな文科系の人や内向的な人は耐えることができません。

私も含めて例外なく仕事を辞めています。

 

営業成績を着実に積み重ねている人は

顧客が損をしても平気です。

顧客からの苦情やクレームはほぼ聞いていません。

怒鳴り声などそよ風と同じです。

立場の弱い老人に長時間の売込みを平気でします。

良心がある人はそんな姿を見ると嫌気がさして会社を辞めていきます。

逆に着実にノルマを達成する社員は

そんな人を「負け犬」とののしっています。

 

ストレス発散が得意というより

そんなことでストレスを感じない人間です。

 

そんな人間とは付き合いたくもないし

周囲の人間も嫌っていましたが

何も感じていません。

 

そんな人間こそ過剰ノルマを課せられると力を発揮します。

誰にもできないことをやってのけるからです。

 

営業は曖昧さがなく、はっきりとした数値で現れます。

学歴や資格がなくても昇進したり給料をアップさせるチャンスでもあります。

 

私が退職した後

私の知るサイコパス野郎は早々に主任になり給料は1000万円を越えました。

ストレス耐性が高い人には夢のような業界かもしれません。

ただし、そのサイコパス野郎は部下に足元をすくわれ平社員まで降格したらしいです。

 

あなたはサイコパスになれますか?

自分を殺すことができますか?

 

転職して

あなたが得意な仕事ができれば変わる必要もありません。

 

無謀な営業のストレス限界突破でノイローゼや鬱になる

 

良いものが売れるわけではありません。

そこには営業の手腕が必要になります。

逆に

どんなに営業の手腕があっても

悪い物が売れるわけではありません。

 

そもそも必要のないものを

営業のスキルだけで売ろうとすることに無理があるのです。

 

その無理を押し通そうとすれば

心が悲鳴を上げます。

 

自分が良いと思っていないものを客に無理矢理に売り込む。

頭の良い顧客や敏感な客は

あなたの説明の矛盾や嘘に気づきます。

そうなると騙されやすい人をターゲットに嘘をつくことになります。

 

その嘘にいつか耐えられなくなる日がきます。

メンタルが超弱い私は、相手に申し訳なくて一つも物を売れませんでした。

 

そんな心の痛みを感じながら

上司の厳しい追及や罵声を浴びていると

心と体が必ず悲鳴を上げます。

・夜眠れない

・原因不明の体の痛み

・突然涙が出てくる

こうなるとメンタルの病気になりかけています。

あるいは既に病気になっています。

 

鬱になると

これから何年も病気と付き合わなけれなならなくなります。

 

兆候が出ているなら

一旦その場所を離れる時期にきています。

 

理不尽なノルマをしんどいと感じたら自分に聞いてみよう

 

過剰ノルマがある営業職で

あなたは

・誰かが死んで過剰ノルマが社会問題になるまでその仕事に耐えることができますか?

・あなたは弱い顧客を平気で騙せるサイコパスになれますか?

・あなたに病気の兆候は出ていませんか?

 

できないなら

あなたは今の職場でも営業には向いていません

 

無謀な営業ノルマを強いる上司が怖いなら退職代行サービス

 

あなたが退職を決心したならば

上司に退職の意向を申し出るのが礼儀です。

 

退職すると書面に記載して日付と捺印を押した資料を提出するだけでも構いません。

14日放置すれば退職できます。

 

しかし

徹底的に上司の恐怖を植え付けられたあなたにそれができますか?

退職願いを出すと

みんなの前でさらし者にされ徹底的にいびられるかもしれません。

まだ使えるおもちゃを手放すことを嫌う上司は

理屈をつけて退職させてくれないかもしれません。

業務の引継ぎに文句を言われるかもしれません。

 

ありとあらゆることに恐怖のイメージが浮かぶなら

退職願いを出すに出せない恐怖は明らかに洗脳です。

 

そんな時は退職代行サービスに頼りましょう。

10人に1人が退職代行サービスを活用しています。

愛着もなく憎しみしかない会社や上司に

挨拶もしたくないと思う人が多いのでしょう。

 

交渉権を持つ退職代行サービスに依頼したら

退職代行会社からいろいろと助言してくれます。

そしてそれ以降はクソ会社に出社する必要もありません。

気持ちが「スー」と軽くなります。

 

パワハラ上司の顔をみることなくブラック企業を簡単に辞めるには

東京都労働委員会認証の合同労働組合【退職代行ガーディアン】今すぐ無料相談!悩んでいるその時間で退職できます。

 

理不尽な営業ノルマを課す営業を辞めてよかったと思うために

 

あなたの将来は誰も保証できませんが

私の経験上では「無理な我慢を強いられる会社は辞めろ」です。

「やりたくない仕事は人生の無駄」

なのですが

転職の際は

よく自分を分析して置かないと同じ間違いを繰り返すことになります。

 

・ノルマがない

・残業がほぼない

・休みがしっかり取れる

・給料は少し下がってもよい

などあなた自身の要望と適正を知ること

転職する会社の口コミを調べること

転職会社のスタッフとよく話をすること(特に重要)

 

営業じゃなければ大丈夫と簡単に考えてはいけません。

生産部門なら期限までの生産が求められます。

調整するところも多く厳しい調整やお願いをすることも多くなります。

同じ会社でも違う部署の担当者から怒鳴り声や罵声を受けたりします。

 

経理部門は社内での経費の使い方を引き締める必要があります。

場合によっては「それは経費で落とせません!」と言い張る必要があります。

また

経理部門は数値が合うまで家に帰れなかったりします。

 

そういったことを想像しながら自分の適性を考えていきましょう。

 

 

↓ノルマ地獄の営業職を失敗したくらいであなたの市場価値は下がらない↓

タイトルとURLをコピーしました